BookLive「ブックライブ」の四季のしきたりマナー美人手帖無料試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「なぜお正月にはおせち料理を食べるの? お正月飾りの意味は? いつまでに飾ればいいの? 七草がゆは、いつ、なんのために食べるの?」 あらためて聞かれるとすぐには答えられないもの。しかし昔からの風習はすべて意味があります。自然とともに生き、太陽と月を崇め、豊作に感謝する生活のなかで培われてきた古来先人の教え。こうした日本人のしきたりや習慣、また海外から入ってきた行事も含め、昔ながらの風習は現代に生きるわたしたちが忘れかけている大切なことを教えてくれます。本書では、あなたの毎日の予定と照らし合わせて、暮らしに活かすことができるように歳時をかわいいイラストとともに解説。自分で作れるカレンダー、レシピ、贈り物のマナー、手紙の書き方、食事のマナーも網羅、毎日バッグに入れて持ち歩ける便利な1冊です。●目次より睦月 1月の行事 お正月、お飾り、おせち料理、雑煮、お屠蘇、お年賀、祝い箸、年始回り、初詣、参拝の仕方、事始め、書き初め、年賀状、お年玉、小寒、七草がゆ、正月飾りの片付け、大寒、鏡開き、成人の日、小正月如月 2月の行事 節分、立春、初午、針供養、聖バレンタインデー、手作りチョコレートレシピ弥生 3月の行事 ひな祭り、ひな膳とひな菓子の由来、ひな人形の飾り方・意味、ホワイトデー、確定申告、お彼岸 お墓参りのしかた、牡丹餅とおはぎのレシピ、春分卯月 4月の行事 エイプリルフール、入学式、清明、お花見、花祭り、イースター、十三参り、穀雨◎手紙の書き方とマナー/ビジネス文書や手紙の書き方、年賀状、年賀欠礼、寒中見舞い、暑中見舞い、お悔やみ状皐月 5月の行事 八十八夜、立夏、母の日、子どもの日、鯉のぼりの意味、立て方、葵祭、小満水無月 6月の行事 芒種、時の記念日、入梅、和菓子の日、夏至、父の日文月 7月の行事 山開き、小暑、七夕、お中元、祇園祭、暑中見舞い、海の日、土曜の丑、大暑葉月 8月の行事 お盆、お盆の準備、立秋、処暑、五山の送り火◎贈り物のマナー/お中元・お歳暮、旅館でのマナー、チップ長月 9月の行事 防災の日、二百十日、重陽の節句、敬老の日、お年寄りのお祝い行事、十五夜、お月見のお供え物、動物愛護週間、秋分神無月 10月の行事 神無月と神在月、留守神様、赤い羽根共同募金、寒露、恵比寿講、ハロウィン、かぼちゃのプリンのレシピ本タイトルは、レイアウト固定型の商品です。・フリースクロール(リフロー)型でないので、文字サイズの変更、フォントの変更ができません・マーカーは付けられません・テキスト検索はできません・推奨端末はPCかタブレットです(スマートフォンは推奨いたしません)以上ご確認のうえご購入ください。
続きはコチラ



四季のしきたりマナー美人手帖無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


四季のしきたりマナー美人手帖詳細はコチラから



四季のしきたりマナー美人手帖


>>>四季のしきたりマナー美人手帖の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」四季のしきたりマナー美人手帖の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する四季のしきたりマナー美人手帖を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は四季のしきたりマナー美人手帖を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して四季のしきたりマナー美人手帖を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」四季のしきたりマナー美人手帖の購入価格は税込で「702円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




頻繁にコミックを読むなら、コミックサイトが一押しです。購入する際の決済も非常に簡単ですし、最新巻を手に入れたいとのことで、いちいちショップで予約を入れることも不要になります。
コミックの売り上げは、ここ数年減少傾向を見せているというのが実際のところです。他社と同じような販売戦略に見切りをつけて、集客力のある無料漫画などを広めることで、新たな顧客の獲得を狙っているのです。
かなりの数の方が無料アニメ動画を見ているようです。隙間時間とか通勤途中の時間などに、素早くスマホで視聴できるというのは有り難いですね。
スマホを使っているなら、BookLive「四季のしきたりマナー美人手帖」を容易に読めるのです。ベッドに横たわって、目が重くなるまでのリラックスタイムに閲覧するという人が多いようです。
詳しいサービスは、登録する会社によって異なります。ですので、電子書籍を何所で買い求めるかというのは、比較しなくてはいけないと言えるのです。安易に決めてしまうのは良くないです。


ページの先頭へ