BookLive「ブックライブ」の乾山晩愁無料試し読み


天才絵師の名をほしいままにした兄・光琳が没して以来、尾形乾山は陶工としての限界に悩んでいた。追い討ちをかけるように、二条家から与えられた窯を廃止するとの沙汰が下る。光琳の思いがけない過去が、浮かび上がろうとしていた…。在りし日の兄を思い、乾山が晩年の傑作に苦悩を昇華させるまでを描く歴史文学賞受賞の表題作をはじめ、戦国から江戸の絵師たちを綴った全5篇を収録。松本清張賞作家の原点、待望の文庫化。
続きはコチラ



乾山晩愁無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


乾山晩愁詳細はコチラから



乾山晩愁


>>>乾山晩愁の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」乾山晩愁の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する乾山晩愁を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は乾山晩愁を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して乾山晩愁を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」乾山晩愁の購入価格は税込で「626円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




小学生時代に楽しんだ感慨深い漫画も、BookLive「乾山晩愁」として取り扱われています。一般の書店では置いていない漫画もいろいろ見つかるのがポイントなのです。
老眼が進んだために、目の先30センチ前後のものがハッキリ見えなくなってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホで電子書籍を読むことができるというのはすごいことなのです。文字のサイズを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。
コミックが好きなら、コミックサイトが便利だと思います。購入するのも楽々ですし、新刊を購入したいということで、あえてお店に行って事前に予約をすることも要されなくなります。
ここのところ、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というプランが誕生し注目されています。1冊いくらではなくて、月額いくらという課金方式を採っているわけです。
スマホで読むことが可能なBookLive「乾山晩愁」は、外出時の荷物を少なくするのに寄与してくれます。リュックの中に重たい本を入れて持ち運ぶなどしなくても、自由に漫画を見ることが可能なわけです。


ページの先頭へ