BookLive「ブックライブ」の箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろう無料試し読み


「4歳で母が亡くなり、継母が何回か変わりいじめられ、貧乏で、ノロマで人に馬鹿にされ、受験、就職に失敗し、失恋し傷つき、そんな人生を送っていた私が、仕事で成功し、良い家庭を作り、健康で、経済的にも恵まれ、人からもあまり馬鹿にされたくない、そういう人生を送りたい、と思って頑張ることを決意しました」と箱田先生。自分の人生をどうしたいか、手に入れたいものは何か、どんなことをしたいのか、どういう人になりたいか、まず具体的に夢を書いてみることから始めようと考えた。「40歳位までに社長になること、その後は独立して自分の会社のオーナーになること、やさしくて前向きで健康的な女性と結婚すること、子供は医者のように、専門職として成功させること、大きな家に住み、海と山に別荘を持つ、車はベンツ…」。結果的に、ほとんどすべての夢を実現することができた。そんな著者からビジネスマンに贈る「成功への人生哲学」とは?ひとつひとつ色紙に書かれた直筆の言葉からは、箱田先生本人の言霊パワーを受け取ることができます!●目次より1. 力の出し切れていないあなた そろそろ本気になろう2. 人生を生き抜く根本ルール 人生は明るく、楽しく、元気よく3. 人生は夢の実現の場 人は自分の思った通りの人間になる4. あきらめたら負けだ 人生は頂上のない山登り。息切れした処が頂上となる5. 過去を捨て未来に生きる 今日はこれからの人生の元旦です6. 袋小路から抜け出せない 大丈夫。これからどんどん良くなる7. 不幸のどん底にいる時に 人間死ぬこと以外軽傷だ8. 他人が思い通りになってくれない 他人を変えることはできない。自分が変われば他人も将来も変わる9. 八方ふさがりの打破 物事は良くなると思えば、必ず良くなる10. 自分の能力に自信がない 人生何んでも可能。打つ手は無限だ11. 周囲に責任をなすりつけない できない自分に腹を立てろ12. やる気の起きない時 いま頑張らずにいつ頑張りますか13. あきらめそうになった時 自分の選んだ道です。最後迄やると心に決めたことです。どんなにつらくても必ずやりとげます14. 成功の究極のコツ 今日十里を行く。明日亦十里を行く。行きて行きて止まざれば、必ず志す処に至る15. まずは心からの笑顔で人と接する 和顔愛語……本タイトルは、レイアウト固定型の商品です。・フリースクロール(リフロー)型でないので、文字サイズの変更、フォントの変更ができません・マーカーは付けられません・テキスト検索はできません・推奨端末はPCかタブレットです(スマートフォンは推奨いたしません)以上ご確認のうえご購入ください。
続きはコチラ



箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろう無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろう詳細はコチラから



箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろう


>>>箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろうの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろうの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろうを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろうを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろうを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろうの購入価格は税込で「1036円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「部屋の中に置けない」、「読んでいることでさえ押し隠したい」と思わざるを得ない漫画でも、BookLive「箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろう」を賢く利用することで自分以外の人に非公開のまま満喫できます。
無料漫画と言いますのは、本屋での立ち読みみたいなものだと捉えられます。自分に合うかどうかをそれなりに理解してから買えるので、利用者も安心です。
電子書籍を買い求めるというのは、オンライン経由で情報を得るということなのです。サービス提供企業が倒産してしまったといった場合は利用できなくなるので、しっかりと比較してから安心のサイトを選択しなければいけません。
「外出先でも漫画が読めたらいいな」と言う方にオススメできるのがBookLive「箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろう」だろうと思われます。読みたい漫画を鞄に入れて運ぶのが不要になるため、手荷物の中身も軽くできます。
BookLive「箱田忠昭のヤル気名言集 そろそろ本気になろう」を楽しむなら、スマホが一番です。PCは持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも電車内などで閲覧するような場合には、大きすぎて使いづらいと言えるのではないでしょうか。


ページの先頭へ