BookLive「ブックライブ」のエネルギーサービスマンのための環境問題入門無料試し読み


エネルギー販売事業者にとって「環境問題」とは、ダイエット食品の販売と同じではないか――。本書はそう問いかけ、エネルギー業界で大量消費・大量販売のビジネスモデルが通用する時代は終わった、すでにお客様の快適・健康・省エネをサポートするエネルギー・サービス業を目指す時代に入っている、とアピールしています。飽食の時代にあって、食品販売業者の多くが、お客様の空腹を満たす食品販売から、健康欲求をかなえるダイエット食品販売を志向し始めているのと同じようにです。 本書はそうした視点と考え方に立ち、LPガス販売業の新たなビジネスモデルのひとつとして、販売事業者とその営業マンに、時代のすう勢でもある環境問題へのトライを呼びかける入門書として発刊されました。 エネルギー業界は、国による規制緩和と技術開発の進展により、それぞれのエネルギーによる「すみ分けの時代」が去り、ボーダレスの大エネルギー市場へと変貌を遂げつつあります。その中で今、LPガス業界ではいまだにオール電化か、電気・ガス併用かといった議論が続いています。しかし、その良否を判定するのは最終的にはお客様です。だから、「供給し販売する事業者視点」から、「利用して暮らすお客様視点」へと脱却し、お客様にとってより使いやすいエネルギーを提案することこそが、エネルギー事業者の大きな潮流となっていくはずです。 本書では、なぜ、いま、LPガス販売業にとって環境問題が大切なのかを丁寧に解説。そのうえで、エネルギーサービスマンとしていかに高効率機器・太陽光発電システム・省エネ家電に取り組むべきか、その考え方と基礎知識を紹介しています。特に注目したいのは、国が壮大な普及構想を打ち出している太陽光発電システムにガスどうかかわるべきか、また遅れて参入するガス事業者の省エネ家電販売はどうあるべきかを掘り下げ、LPガス販売からエネルギー事業へと「高位化」するための道筋を描いていることでしょう。 お客様がガスや電気を買うのは、ガスや電気そのものがほしいからではなく、それを使ってお風呂に入ったり、食事をしたりしたいからなのです。本書はこうした原点にあらためて回帰し、「エネルギーサービスマンは、モノよりコトたる“環境”を売ろう」とも呼びかけています。
続きはコチラ



エネルギーサービスマンのための環境問題入門無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


エネルギーサービスマンのための環境問題入門詳細はコチラから



エネルギーサービスマンのための環境問題入門


>>>エネルギーサービスマンのための環境問題入門の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」エネルギーサービスマンのための環境問題入門の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するエネルギーサービスマンのための環境問題入門を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はエネルギーサービスマンのための環境問題入門を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してエネルギーサービスマンのための環境問題入門を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」エネルギーサービスマンのための環境問題入門の購入価格は税込で「1439円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




実は無料アニメ動画などは、スマホでも視聴可能です。近年は40代以降のアニメファンも増加傾向にありますので、これからより一層内容が拡充されていくサービスだと言っても良いでしょう。
移動している時も漫画を満喫したいと願っている方にとって、BookLive「エネルギーサービスマンのための環境問題入門」ぐらい嬉しいものはないと言えます。スマホ一台を持っているだけで、すぐに漫画に夢中になれます。
クレジットで購入する電子書籍は、知らず知らずのうちに支払金額が高くなっているという可能性があります。しかしながら読み放題でしたら月額料金が増えることはないので、読み過ぎても料金が跳ね上がることはありません。
老眼になったせいで、近くの物が見えにくい状態になったという読書家にとって、スマホで電子書籍を閲覧することができるというのは画期的なことなのです。フォントの大きさを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。
「外でも漫画を読み続けたい」というような漫画好きな方に打ってつけなのがBookLive「エネルギーサービスマンのための環境問題入門」だと言えるでしょう。漫画を鞄に入れて歩くことが不要になり、バッグの中の荷物も軽量化できます。


ページの先頭へ