BookLive「ブックライブ」の玉の輿でいこう!無料試し読み


小さな出版社のギャル雑誌で活躍するモデル、桜野ヒカリ。実は男性モデルとしては身長が足りず、女装で仕事を手に入れたのだ。これまでの不運な人生を逆転させようと“玉の輿計画”を立てて、大手出版社のパーティーに出かけたヒカリが、文字通り「ひっかけた」のは、お目当てのカリスマ編集者ではなく、鹿島東吾(かしま とうご)という経理部の男で…!? あさぎり夕が描く、ボーイズ・シンデレラ・ラブ!
続きはコチラ



玉の輿でいこう!無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


玉の輿でいこう!詳細はコチラから



玉の輿でいこう!


>>>玉の輿でいこう!の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」玉の輿でいこう!の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する玉の輿でいこう!を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は玉の輿でいこう!を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して玉の輿でいこう!を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」玉の輿でいこう!の購入価格は税込で「410円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




お店では、置く場所の問題で扱える漫画の数に限度がありますが、BookLive「玉の輿でいこう!」だったらこのような限りがないため、あまり一般的ではないコミックも取り扱えるというわけです。
売り場では、陳列している漫画の立ち読みを禁止するために、ヒモでくくるケースが多いです。BookLive「玉の輿でいこう!」であれば試し読みが可能となっているので、ストーリーを確認してから購入することができます。
コミックサイトの一番のウリは、置いている漫画の種類が書店とは比べ物にならないということでしょう。不良在庫になるリスクがない分、多岐に亘るタイトルをラインナップすることができるのです。
「あらすじを確認してからお金を払いたい」という方々にとって、無料漫画はメリットだらけのサービスだと考えて良さそうです。販売者側からしましても、新規ユーザー獲得に結び付くはずです。
「スマホは画面が小さいので迫力が半減するのでは?」と言う人もいるようですが、実際にBookLive「玉の輿でいこう!」を1冊買ってスマホで読むと、その手軽さに驚かされる人が多いです。


ページの先頭へ