BookLive「ブックライブ」の十三の冥府無料試し読み


ウミネコで有名な八戸の蕪島でお遍路の女性とすれ違った時、女子大生・神尾容子は、記憶の底に刻み込まれた奇妙な唄を耳にした。ところが数日後、唄を口ずさんでいたお遍路と思しき女性の絞殺死体が、新郷村の“ピラミッド”へつづく山道で発見される。同じ頃、古文書の真贋論争を取材するため青森を訪れた浅見光彦は<ピラミッド殺人事件>を皮切りに、行く先々で不可解な死に遭遇するが、その死の原因を“アラハバキ神の祟り”だと噂し、恐れおののく人たちがいた……。本州最果ての地に息づく謎めいた伝説と信仰。その背後に潜む憎悪と殺意に敢然と立ち向かう名探偵・浅見光彦の活躍を描いた、長編旅情ミステリーの傑作!
続きはコチラ



十三の冥府無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


十三の冥府詳細はコチラから



十三の冥府


>>>十三の冥府の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」十三の冥府の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する十三の冥府を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は十三の冥府を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して十三の冥府を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」十三の冥府の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




先に試し読みをして自分が好きな漫画なのかをチェックした上で、不安になることなく購入することができるのがネット上で買える漫画のメリットでしょう。買う前に話がわかるのでお金を無駄にしなくて済みます。
「アニメにつきましては、テレビで放送中のものを見ているだけ」というのは一昔前の話だと考えます。その理由としては、無料アニメ動画をWeb上で楽しむというパターンが一般化しつつあるからです。
余計なものは持たないという考え方が世間に理解されるようになった昨今、本も冊子形態で持つことなく、BookLive「十三の冥府」を用いて楽しむ人が増加傾向にあります。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題だったら、どれほど嬉しいだろう!」という利用者目線の発想を聞き入れる形で、「月額料を支払えば都度の支払いは必要ない」という形式の電子書籍が登場したのです。
一昔前に繰り返し楽しんだ思い出のある漫画も、BookLive「十三の冥府」という形でDLできます。普通の本屋では購入できない作品も数多く見受けられるのがポイントだと言い切れます。


ページの先頭へ