BookLive「ブックライブ」の就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計無料試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。会計を知れば、未来は開ける!会計を知ると、「会社研究」でライバルに差をつけられます。エントリーシートの書き方、面接での対応力が違ってきます。 当たり前のことですが、面接を受ける会社のビジネスを知れば知るほど、面接でしっかりとした受け答えをすることができます。でも多くの学生は、自己PR、SPI、エントリーシート等の対策に手一杯で、会社や業界の研究はおろそかになりがちです。自分を伝えるために大切なことは、相手をしっかりと理解することです。そして、相手が受け入れられる表現を使って、自分のことを伝えていかなければなりません。 会社のことを研究すればするほど、その会社にふさわしい自己PRや志望動機を作り上げることができます。また、業界や会社を研究することは志望企業の面接を突破するためだけではなく、どういう職業が自分に向いているかという職業観の確立や社会人になってからの仕事にも役立ちます。(本書「まえがき」より) 本書で学んだ会計を使うことによって、この混沌とした社会の中で未来を切り開く力をつけることができます。社会人になってからも「輝ける自分」になるために、ぜひ本書を役立ててください。本書で学べる内容 情報化時代に価値があるのは、情報(知識)ではなく、手に入れた情報を使っていかに自分が直面している問題を解決するかという知的生産力です。そこで本書では、会計の細かい知識ではなく、会計を就職活動や社会人になってからの仕事に役立てる方法にポイントを絞って説明していきます。本書で紹介する内容は、次のとおりです。第1章 会計についての10の疑問第2章 決算書の読み方を覚えよう第3章 あこがれの会社を分析してみよう第4章 就職活動に役立つ会社情報を入手する第5章 有価証券報告書の使い方を覚えよう第6章 エコと会計第7章 社会人に必要な3つの数字力本タイトルは、レイアウト固定型の商品です。・フリースクロール(リフロー)型でないので、文字サイズの変更、フォントの変更ができません・マーカーは付けられません・テキスト検索はできません・推奨端末はPCかタブレットです(スマートフォンは推奨いたしません)以上ご確認のうえご購入ください。
続きはコチラ



就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計詳細はコチラから



就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計


>>>就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計の購入価格は税込で「1134円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




ショップでは、スペース上の問題で置くことができる本の数に制約がありますが、BookLive「就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計」のような仮想書店ではこういった制限をする必要がなく、ちょっと前に発売されたタイトルも少なくないのです。
スマホを使って電子書籍をダウンロードすれば、会社への通勤中や仕事の合間の一服タイムなど、場所に縛られることなく楽しめるのです。立ち読みも可能となっていますので、ショップまで行く必要がないのです。
物を溜め込まないという考え方が様々な人に浸透してきた最近では、本も書物形態で所有することなく、BookLive「就活の新常識! 学生のうちに知っておきたい会計」越しに耽読する人が増え続けています。
電子書籍というものは、気が付いたら買い過ぎてしまっているということが想定されます。しかし読み放題なら月額料が決まっているので、どんなに読んだとしても利用代金がすごい金額になることは皆無です。
常に新作が追加になるので、毎日読もうとも読みつくしてしまう心配など全く不要というのがコミックサイトのメリットです。もう書店では扱っていないちょっと前のタイトルも読むことができます。


ページの先頭へ