BookLive「ブックライブ」のクローズ(21)無料試し読み


テルを刺したことからP・A・Dと対立するS・H。幹部の実力者である真弓鉄次が陣内公平の下についたことにより、他の幹部も次々と陣内に忠誠を誓った。もはや八間丁次の名前を口にする者はなく、事実上、陣内が街の頂点の座についた。対する春道たちはスネイクの幹部の本橋、飯島、村上を倒し陣内にスネイクをつぶすと宣言。決戦場は中崎工場跡地。それを聞いた鈴蘭高校、鳳仙高校、武装戦線らも中崎工場跡地をめざし動き始めたのである……!?
続きはコチラ



クローズ(21)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


クローズ(21)詳細はコチラから



クローズ(21)


>>>クローズ(21)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」クローズ(21)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するクローズ(21)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はクローズ(21)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してクローズ(21)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」クローズ(21)の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「電車やバスに乗っていてコミックを読むのは恥ずかし過ぎる」、そんな人であってもスマホそのものに漫画をDLすれば、他人の目を気にする理由がなくなります。こうしたところがBookLive「クローズ(21)」の特長です。
常々よく漫画を読むという人にとりましては、毎月決まった料金を支払うことでいくらでも読み放題という形で閲覧できるというユーザー目線のサービスは、それこそ革命的と言っても過言じゃないでしょう。
コミックの発行部数は、このところ減少傾向を見せているというのが実態です。定番と言われているマーケティングにこだわることなく、まずは無料漫画などを提示することで、利用者の増加を企図しています。
無料漫画というのは、店舗での立ち読みと同様だと言って間違いありません。ストーリーを概略的に理解した上で入手できるので、利用者も安心できるはずです。
書籍の購入費用は、1冊1冊の購入代金で見ればそこまで高額ではありませんが、好きなだけ買っていれば、月々の購入代金は嵩んでしまいます。読み放題であれば料金が固定なので、書籍代を節約できるはずです。


ページの先頭へ