BookLive「ブックライブ」の茶道太閤記無料試し読み


太閤秀吉の使いの紀伊守は利休にむかい「娘を差し出せ、そなたにも、娘にも、誓って悪いようにはからわぬ」という秀吉の言葉を繰り返した。利休は答えた。「大名衆では、何とお言いなされているか存ぜぬが、町人の世界では、利得を目的として物を人に渡すを売ると申す。娘を殿下に差出すことは、拙者の利得となり申す。されば、これは売るのでござる。売買を本業とする町人の世界でも、娘を売るは恥ずべきことと致しております。平に御辞退……あの人々は、詮(せん)ずるところ、ただの大名衆。百年の後、二百年の後、三百年の後、名前の残る人々ではござらぬが、拙者は芸道に生きる者、自ら申すもおこがましくはござるが、いつの世までも名の残る者でござる」……大坂城を舞台に、秀吉と利休、淀(お茶々)殿と北政所、利休の娘お吟、石田光成、小西行長ら武将たちがくりひろげる虚々実々の人間模様を描く海音寺潮五郎の初期の代表傑作。
続きはコチラ



茶道太閤記無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


茶道太閤記詳細はコチラから



茶道太閤記


>>>茶道太閤記の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」茶道太閤記の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する茶道太閤記を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は茶道太閤記を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して茶道太閤記を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」茶道太閤記の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




電子書籍ビジネスには複数の企業が進出してきていますから、とにかく比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決めるようにしてください。本の取扱量や価格、サービス内容などをリサーチすると良いでしょう。
無料電子書籍を利用すれば、時間を割いて書店まで行って内容をチェックすることは不要になります。こうしたことをしなくても、電子書籍の「試し読み」で中身の確認を済ませられるからです。
利用者の人数が右肩上がりで増えているのがBookLive「茶道太閤記」なのです。スマホ上で漫画を見ることが可能なので、バッグなどに入れて書物を持ち運ぶ必要もなく、手荷物が少なくて済みます。
居ながらにしてダウンロードして読めるというのが、無料電子書籍のウリです。書店まで行く必要も、ネットで決済した書籍を届けてもらう必要もありません。
日頃より山のように本を読むとおっしゃる方にとりましては、月に一定料金を払うことで何冊でも読み放題で楽しむことができるというサービスシステムは、まさに先進的だという印象でしょう。


ページの先頭へ