BookLive「ブックライブ」の日本語雑記帳無料試し読み


父親の呼称が、おとっつぁんからおとうさんへ変ったのはいつごろか? 明治36年、最初の国定教科書が「おとうさん」を採用したのが、そのきっかけだった。しあさって・やのあさって等地域によって意味が異なる言葉、多彩な方言、遷り変る敬語、呼びかけのコトバ、昭和の言葉など、さまざまな話題を取り上げるヨモヤマ話集。
続きはコチラ



日本語雑記帳無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本語雑記帳詳細はコチラから



日本語雑記帳


>>>日本語雑記帳の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」日本語雑記帳の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する日本語雑記帳を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は日本語雑記帳を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して日本語雑記帳を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」日本語雑記帳の購入価格は税込で「864円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




今流行りの無料コミックは、スマホなどで読むことが可能なのです。通勤中、会社の休憩中、病・医院などでの待ち時間など、自由なタイミングで気負わずに読むことができるのです。
「生活する場所にストックしておきたくない」、「読者であることを押し隠したい」と恥じ入る漫画でも、BookLive「日本語雑記帳」を活用すれば他人に内緒のままで読めます。
手軽に無料漫画が見れるという理由で、利用者数が増えるのはある意味当然だと言えます。店頭とは違い、他人の目を意識することなく立ち読みができるというのは、電子書籍ならではの特長です。
読み放題プランは電子書籍業界にとりましては間違いなく革命的な挑戦です。購入者にとっても制作者にとっても、良い面が多いということで注目されています。
一般的に書籍は返品不可のため、内容を確かめたあとで買い求めたい人には、試し読みサービスのある無料電子書籍は大変便利に使えます。漫画も中身をチェックしてから買えます。


ページの先頭へ