BookLive「ブックライブ」のあの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1無料試し読み


プロ野球は1936年の誕生以来、さまざまドラマを生み出してきました。「王貞治(巨人)が本塁打の世界新記録を樹立」といった誰がどう見ても分かりやすい大記録もあれば、「快足福本豊が球場で馬と競走した」というトリビアのような出来事もありました。1950年に創刊した日刊スポーツは、ずっと野球とともに歴史を刻んできました。日刊スポーツに掲載された記事を元に、カレンダー形式で球界の出来事を日付別にまとめたのものが、この「メモリー球譜」です。 野球の記録とは面白いもので、難易度がそのまま希少性につながるかというと、そうではありません。例えば「高井保弘の代打本塁打27本」は世界記録です。高井の通算本塁打は130本。130本以上の本塁打を放った打者はたくさんいますが、たくさん本塁打を放つ打者は大抵がスタメン出場することになるので、代打本塁打は伸びないのです。代打本塁打を20本放った打者でさえ、高井以外に大島(日本ハム)、町田(阪神)の3人しかいません。このへんの「野球のあや」が、この本の魅力です。大記録ばかりでなく「心に残る記録」、あるいは「他に例を見ない記録」。業界内で高い評価を得ている日刊スポーツの記録室が、総力を挙げてこれらにもスポットライトを当てています。 記録だけでなく、野球の魅力は人間ドラマにもあります。「10・19」と呼ばれる1988年10月19日のロッテ-近鉄戦。いつも閑古鳥が鳴いていた川崎球場が満員となり、テレビの視聴率は30%を超えました。人々の心をとらえたのは、近鉄ナインの涙でした。新庄剛志(阪神、日本ハム等)は、敬遠球を打ったり、オールスターでホームスチールを成功させたりと、記録以上に記憶に残る名場面を何度も見せてくれました。通算記録では新庄を上回る選手はたくさんいますが、「何をしでかすか分からない」という魅力は、彼にしかなかったもの。そんな個性派選手の話題も、本編にはたくさん出てきます。すべてが1話完結なので、球界ショートストーリーとして、新幹線の中などでも気軽に読むことができると思います。話のタネに1冊どうぞ。
続きはコチラ



あの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


あの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1詳細はコチラから



あの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1


>>>あの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」あの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するあの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はあの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してあの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」あの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1の購入価格は税込で「324円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




幼い頃に大好きだった懐かしい漫画も、BookLive「あの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1」として読めるようになっています。家の近くの書店では見ない漫画も山ほどあるのが特長だと言い切れます。
漫画を読みたいなら、コミックサイトが使い勝手も良くおすすめできます。購入するのも非常に簡単ですし、最新巻を買い求めるために、都度本屋で予約を入れることも不要になります。
電子書籍は買いやすく、気が付いたら買い過ぎてしまっているという可能性があります。しかしながら読み放題でしたら毎月の支払が決まっているので、読み過ぎたとしても利用料が高くなる危険性がありません。
漫画というものは、読み終えた後にブックオフのような買取店に売り払っても、わずかなお金にしかなりません、再び読みたくなったときに読めなくなります。スマホで使える無料コミックなら、本棚が必要ないので片付けに苦労することがないのです。
最新刊は、書店で試し読みして買うか否かの意思決定をする人が過半数を占めます。だけども、近年はBookLive「あの日あの時あのプレー メモリー球譜 2011年その1」のサイト経由で1巻を読んでみて、その書籍を買うのか買わないのかを決める人が増加しています。


ページの先頭へ