BookLive「ブックライブ」の英語が会社の公用語になる日無料試し読み


グローバル化が加速する現在、ビジネスシーンにおいて「英語」は不可欠です。また、それを見越して、最近では、ユニクロやファーストリテイリングなど、国内企業のなかでも英語公用語を検討・実行しようとしている企業も出てきています。本書では、社内公用語を英語にしたある会社をテーマに、ストーリー形式で実際のビジネス現場で繰り広げられるいろんな場面を想定した、さまざまなトピック(英語での就任スピーチ、食堂のメニューが英語、など)が繰り広げられます。内容は、著者の会社の通釈・翻訳者への実際の依頼に基づいたオリジナルストーリーなので、実際に起こりうることとして臨場感がありますので、ビジネス英語の教養書としても読むことができます。あわせて、通訳式の英語勉強法である「シャドウイング」と「サイト・トランスレーション」をもとに、実際のビジネスで使用する英単語や英文を学習することができます。英語学習は、TOEIC450点の主人公の目線で進んでいきますので、無理なく勉強することができる一冊です。
続きはコチラ



英語が会社の公用語になる日無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


英語が会社の公用語になる日詳細はコチラから



英語が会社の公用語になる日


>>>英語が会社の公用語になる日の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」英語が会社の公用語になる日の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する英語が会社の公用語になる日を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は英語が会社の公用語になる日を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して英語が会社の公用語になる日を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」英語が会社の公用語になる日の購入価格は税込で「1620円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




入手してから「思ったよりも楽しめなかった」というケースであっても、買ってしまった漫画は返品が認められません。だけど電子書籍なら先に試し読みすることが可能なので、そうした失敗を予防することができます。
常日頃から沢山漫画を購入するという人にとっては、月に一定料金を払うことでいくらでも読み放題という形でエンジョイできるというシステムは、まさに革新的だと高く評価できるでしょう。
サービス内容については、各社それぞれです。だからこそ、電子書籍をどこで買うのかというのは、比較してから結論を出すべきだと思っています。あっさりと決めるのはよくありません。
ここに来て、電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というサービスが誕生し人気急上昇中です。1冊いくらではなくて、毎月いくらという料金方式を採用しています。
長期間連載している漫画は何冊もまとめて購入しなければならないため、さしあたって無料漫画で読んでチェックするという人が多いです。やっぱりその場ですぐに本を買うというのは難しいことだと言えます。


ページの先頭へ