BookLive「ブックライブ」のフードビズ27号無料試し読み


<ブッフェ業態検証>「ブッフェで勝つ」ための七ヵ条/ニラックスが見据えるブッフェ業態の未来図<新業態分析>アンドナンド開発の必然と展開の青写真/フォーマットの再構築から攻めに転じたシズラー<インタビュー>西山 知義社長が語る レインズ再生への決意/吉野家の牛丼復活に見る危機管理
続きはコチラ



フードビズ27号無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


フードビズ27号詳細はコチラから



フードビズ27号


>>>フードビズ27号の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」フードビズ27号の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するフードビズ27号を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はフードビズ27号を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してフードビズ27号を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」フードビズ27号の購入価格は税込で「1234円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




書店では見つけられないであろう昔のタイトルについても、電子書籍では買うことができます。無料コミックのラインナップには、40代以上の世代が若い頃に繰り返し読んだ本などもあります。
「電子書籍はどうも苦手だ」と言う本好きな人もそこそこいるようですが、一度でもスマホで電子書籍を読んだら、持ち運びの楽さや決済の楽さからヘビーユーザーになる人が少なくないようです。
BookLive「フードビズ27号」は移動中にも使えるスマホやiPadで見るのがおすすめです。ほんの少しだけ試し読みができるので、それにより本当にそれを買うかどうかを決断する方が増えているとのことです。
「漫画の数があまりにも多くて頭を痛めているので、買うのを躊躇ってしまう」とならないのがBookLive「フードビズ27号」の利点です。どれだけ買い入れても、保管場所を考慮しなくてOKです。
利益が発生しない無料漫画を敢えてサービスすることで、ユーザーを増やし利益に結び付けるのが販売会社サイドの狙いということになりますが、逆にユーザーにとっても試し読みが出来るので助かります。


ページの先頭へ