BookLive「ブックライブ」の右の心臓無料試し読み


少女の目線で戦後を描いた幻の自伝的小説。「戦争が終ってからずっと父さんは内地の話をしてくれた。あぐらの中にタダシをすっぽり入れて、ヒロシと私は父さんにぐてりと寄りかかって、兄さんは、父さんの前にかしこまって坐って、みんなシーンとして父さんの口を見ていた」――中国からの引き揚げ。父さんの伯父一族が住む山梨の田舎での貧しいがエネルギーに満ちあふれた生活を、あくまで少女の目から描いた自伝的小説。小さな共同体の中の子だくさんの家族、昭和20年代の日本の原風景が丸ごと裸のままで立ち上る。「心臓が右にある」最愛の兄の死の描写は、この作品のハイライトだ。「もう死んだから下着もパンツもはかせないのか。いやだなあ、とわたしは思った。パンツぐらいはかせればいいのに」*本作は1987年から88年にかけて「図書新聞」に連載され、88年10月に(今はない出版社)リブロポートから刊行された。絵本作家佐野洋子が初めて書いた長篇小説である。数々のエッセー集で繰り返し描かれてきた「家族」がほぼそのまま登場する自伝的な小説といっていいだろう。この幻の作品が文庫化され再び世に出る意味は大きい。解説:岩瀬成子(児童文学者)
続きはコチラ



右の心臓無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


右の心臓詳細はコチラから



右の心臓


>>>右の心臓の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」右の心臓の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する右の心臓を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は右の心臓を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して右の心臓を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」右の心臓の購入価格は税込で「572円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




単行本は、本屋で中身を見て買うか買わないかの意思決定をする人が大半だと聞きます。ところが、ここ数年はBookLive「右の心臓」を利用して1巻のみ買ってみて、その本について買う・買わないを決めるという人が増えています。
色んな本をいっぱい読むという読書家にとって、次々に買うというのは金銭的ダメージが大きいのではないでしょうか?しかし読み放題プランなら、利用料を大幅に切り詰めることも適うのです。
コミックサイトも少なくないので、比較検討して自分にぴったりなものをセレクトすることが不可欠です。ということなので、とにかくそれぞれのサイトの特徴を押さえることが要されます。
月額の利用料金が固定のサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1冊単位で購入するタイプのサイト、無料作品がいっぱいあるサイトなど、コミックサイトもそれぞれ違う点が見受けられますから、比較した方が良いとお伝えしておきます。
以前は目に見える本というものを購入していたといった人も、電子書籍を利用してみた途端、便利で戻れなくなるということがほとんどです。コミックサイトもたくさん見られますから、面倒くさがらずに比較してから選ぶことが大切です。


ページの先頭へ