BookLive「ブックライブ」のこゝろ無料試し読み


「こゝろ」は後期三部作の終曲であるばかりでなく、漱石文学の絶頂をなす作品。自我の奥深くに巣くっているエゴイズムは、ここでぎりぎりのところまで押しつめられる。誠実ゆえに自己否定の試みを、自殺にまで追いつめなければならなかった漱石は、そこから「則天去私」という人生観にたどりつく。大正3年作。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved
続きはコチラ



こゝろ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


こゝろ詳細はコチラから



こゝろ


>>>こゝろの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」こゝろの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するこゝろを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はこゝろを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してこゝろを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」こゝろの購入価格は税込で「345円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画や本をいっぱい読むという方にすれば、沢山買い求めるのは家計にもダメージを与えてしまうと言って間違いないでしょう。けれど読み放題ならば、本の購入代金を抑制することが可能です。
BookLive「こゝろ」で漫画を入手すれば、家の一室に保管場所を用意する必要はゼロになります。欲しい本が発売になるたびに書店に買いに行く手間も不要です。このような利点のために、サイト利用者数が増加しているのです。
BookLive「こゝろ」は持ち運びに便利なスマホやタブレット端末で閲覧することが可能なのです。ほんの少しだけ試し読みが可能になっているので、それによってその漫画を買うかどうかを決断する人もたくさんいるとのことです。
「電車の中でも漫画を読んでいたい」などと言う人に向いているのがBookLive「こゝろ」だと言って間違いありません。邪魔になる書籍を鞄に入れて歩くのが不要になるため、カバンに入れる荷物も減らすことができます。
BookLive「こゝろ」を読むのであれば、スマホが重宝します。PCは重くて持ち運ぶなんてことはできませんし、タブレットもバスとか電車内などで閲覧したというような場合には向いていないと言えるでしょう。


ページの先頭へ