BookLive「ブックライブ」のファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編無料試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【主な内容】◆総評:グローバル視点で読み解く家庭用ゲーム市場と新ゲームセクターの現状分析 ◆選択肢の多様化で変化する米国ゲーム市場(デービッド・ライリー:The NPD Group エグゼクティブディレクター) ◆欧州ゲーム市場の現状と展望(ニック・パーカー:Parker Consulting CEO) ◆米国ゲーム市場 ◆カナダゲーム市場 ◆英国ゲーム市場 ◆フランスゲーム市場 ◆ドイツゲーム市場 ◆スカンジナビアゲーム市場 ◆ベネルクスゲーム市場 ◆イタリアゲーム市場 ◆スペイン・ポルトガルゲーム市場 ◆米国、欧州ピックアップデータ ◆2011年欧州ゲーム市場総括 ◆米国Kinect販売分析 ◆米国の3DS本体販売実績 ◆2011年米国トピックス ◆2011年の中国オンラインゲーム産業/2011年新興市場の現況(中村 彰憲:立命館大学 映像学部 教授) ◆韓国ゲーム市場の最新動向(アリソン・ルワン:Pearl Research CEO)
続きはコチラ



ファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編詳細はコチラから



ファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編


>>>ファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編の購入価格は税込で「5348円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




十分に比較した後で、自分に最適のコミックサイトを選ぶ人が多いと聞いています。電子書籍で漫画を楽しむ為には、あまたあるサイトの中より自分にあったものをチョイスすることが大事です。
物語という別世界を満喫するのは、ストレス発散にめちゃくちゃ有効です。難しいストーリーよりも、分かりやすい無料アニメ動画の方が間違いなく実効性があります。
CDをお試し視聴してから買うように、漫画も試し読み後に買うのが主流になってきたように思われます。無料コミックサイトを活用して、気になっている漫画をサーチしてみて下さい。
連載系の漫画は何冊も購入することになりますので、あらかじめ無料漫画でチョイ読みするという人がほとんどです。やっぱりすぐに買うかどうかを決めるのは敷居が高いのでしょう。
BookLive「ファミ通ゲーム白書2012 海外ゲーム市場編」の販売促進戦略として、試し読みが可能というサービスは最高のアイデアだと感じます。時間を考えずに大雑把なあらすじを確認することができるので、暇な時間を上手に利用して漫画を選択することができます。


ページの先頭へ