BookLive「ブックライブ」のファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編無料試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【主な内容】◆ハード・ソフト販売数 ◆ハード・ソフト市場規模 ◆各ハードの累計販売台数 ◆2011年度ゲームソフト販売本数TOP100(1~50位) ◆2011年度ゲームソフト販売本数TOP100(51~100位) ◆2011年度 各機種ゲームソフト販売本数TOP10(DS・3DS・PSP・PS Vita) ◆2011年度 各機種ゲームソフト販売本数TOP10(Wii・PS3・Xbox 360・PS2) ◆2011年度メーカー別ゲームソフト販売本数TOP30 ◆2011年度メーカーグループ別ゲームソフト販売本数TOP30 ◆2001~2011年 販売本数階層別発売タイトル数比率推移 ◆3DSソフトはDSから世代交代を果たす ◆パーティゲームで盛り返した年末のWii ◆500万台に到達したハードの販売台数推移 ◆2004年度-2011年度 携帯・据え置き機別市場規模推移 ◆1998-2011年度 市場規模推移(前年度比較)
続きはコチラ



ファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編詳細はコチラから



ファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編


>>>ファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編の購入価格は税込で「5348円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




人目が有る場所では、立ち読みするのもためらうといった漫画でも、無料漫画サービスのある電子書籍だったら、好みに合致するかを充分に確認した上で購入を決断することができるので安心です。
サービスの細かな点に関しては、会社によって違います。だからこそ、電子書籍を何所で買い求めるかというのは、比較すべき内容だと言えるのです。軽い感じで決めるのはよくありません。
電子書籍の人気度は、どんどん高くなりつつあります。そんな中で、利用者が着実に増えているのが読み放題というプランだと聞きます。料金を気にせず利用できるのが大きなポイントです。
お金にならない無料漫画を敢えて置くことで、利用する人を増やし売上増加へと繋げるのが事業者サイドの目論みですが、当然利用者側からしても試し読みができるので失敗がなくなります。
「漫画の所持数が多すぎて難儀しているので、買うのを躊躇してしまう」という事態に陥らないのが、BookLive「ファミ通ゲーム白書2012 2011年度ゲーム市場最速レポート編」を一押しする要因です。たくさん買ったとしても、保管のことを考える必要がありません。


ページの先頭へ