BookLive「ブックライブ」のなんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門無料試し読み


著作権って何? どうして必要なの? 自分で本を自炊すると著作権違反になるの? 著作権がないと面白い作品は生まれない? TPPに参加すると著作権はどうなる? デジタル時代に生じる素朴な疑問をめぐって、気鋭の弁護士、福井健策と評論家の岡田斗司夫が対談。話題は電子書籍の自炊から、コンテンツのマネタイズ、国家とプラットホーム、情報と経済の新しいあり方まで、縦横無尽、とんでもないところに飛びまくる! 岡田斗司夫の大胆な発想に、福井弁護士はどう答えるのか!? 本書を読めばデジタル時代の著作権との向き合い方、そして未来が見えてくる。
続きはコチラ



なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門詳細はコチラから



なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門


>>>なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するなんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はなんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してなんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門の購入価格は税込で「1058円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




マンガは電子書籍で買うという方が急増しています。バッグなどと一緒に携帯することも要されませんし、本を片付ける場所も必要ないというメリットがあるからです。加えて言うと、無料コミックもいくつかあるから、試し読みだってできるのです。
コミックサイトは色んな会社が展開しています。それらのサイトをきちんと比較して、自分がいいと思うものを選ぶことが大事になります。そうすれば後悔しなくて済みます。
近頃、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というサービスが誕生し話題となっています。1冊ごとにいくらではなくて、月極めいくらという料金体系を採っているのです。
漫画の虫だという人からすると、手元に置いておける単行本は貴重だということは理解しておりますが、「読むことができればOK」という人の場合は、スマホで見れるBookLive「なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門」の方がいいでしょう。
物を溜め込まないという考え方が少しずつに賛同されるようになったここ最近、本も冊子本という形で所持せずに、BookLive「なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門」経由で愛読するという人が増えつつあります。


ページの先頭へ