1. 電子書籍サイト「ブックライブ」の特集-無料お試しから販売まで
  2. 総合電子書籍ストア2|電子書籍サイトブックライブ一覧
  3. ブックライブ作品3|電子書籍サイトブックライブ一覧
  4. 土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれる|電子書籍サイトブックライブ一覧

BookLive「ブックライブ」の土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれる無料試し読み


業界で最も影響力のある書評メルマガ「ビジネスブックマラソン」編集長にして、17,000冊を読んできた日本随一のビジネス書の目利きが語りつくす。この先10年サバイブするために、いかに選び、読み、活用するか?***本書で紹介されているビジネス書の一部をご紹介『道をひらく』(松下幸之助)『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)『佐藤可士和の超整理術』(佐藤可士和)『憂鬱でなければ、仕事じゃない』(藤田晋+見城徹)『清貧と復興 土光敏夫 100の言葉』(出町譲)『これからの「正義」の話をしよう』(マイケル・サンデル)『スティーブ・ジョブズ』(ウォルター・アイザックソン)『2022――これから10年、活躍できる人の条件』(神田昌典)『会社四季報 業界地図』(東洋経済新報社編)『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海)『ビジネスモデル・ジェネレーション』(アレックス・オスターワルダー、イヴ・ピニュール)『稲盛和夫の実学』(稲盛和夫)『アイデア・バイブル』(マイケル・マハルコ)『ザ・コピーライティング』(ジョン・ケープルズ)『影響力の武器』(ロバート・B・チャルディーニ)『人を動かす』(デール・カーネギー)『聞く力』(阿川佐和子)『「本田宗一郎に一番叱られた男」の本田語録』(岩倉信弥)『学問のすゝめ』(福沢諭吉)『海の都の物語』(塩野七生)『ビジョナリーカンパニー』(ジェームズ・C・コリンズ)『人生と財産 私の財産告白』(本多静六)『自分の中に毒を持て』(岡本太郎)***先行き不透明の時代に、コモディティから抜け出して、この先10年を生き抜くためには、何を選び、どう読めばいいのか。古今東西のあらゆるビジネス書を読みこなし、書評メルマガ「ビジネスブックマラソン」や出版プロデューサーとして知られる著者が初めて明らかにする、「時代を読むための、ビジネス書の読み方」。テーマ別“鉄板”本、旬の本の紹介から、掘り出し物の見つけ方、“人生の定番”本まで。著者のエッセンスがあふれんばかりに詰まった、大充実の1冊。
続きはコチラ



土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれる無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれる詳細はコチラから



土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれる


>>>土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれるの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれるの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれるを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれるを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれるを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれるの購入価格は税込で「864円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画があって当然の生活を知られたくないと言う人が、このところ増加しているとのことです。自宅には漫画の置き場所がないというような場合でも、BookLive「土井英司の「超」ビジネス書講義 これからのビジネスに必要なことはすべてビジネス書が教えてくれる」の中だけであれば誰にも気兼ねせずに漫画を満喫できます。
来る日も来る日も新作が登場するので、毎日読もうとも全部読み終えてしまう心配をする必要がないというのがコミックサイトの長所です。書店にはないニッチなタイトルも買うことができます。
「比較は一切せずに決めてしまった」と言う人は、無料電子書籍はどれも同じという認識かもしれないのですが、サービスの具体的な内容は提供会社によって異なりますから、比較&検討することは非常に大事だと断言します。
漫画離れが嘆かれる昨今、電子書籍は核心的なシステムを採り入れることにより、新規利用者を増やしています。革新的な読み放題というシステムがたくさんの人のニーズに合致したのです。
カバンなどを出来るだけ持ちたくない男性には、スマホで無料電子書籍が楽しめるというのは物凄いことなのです。荷物の量は増えないのに、ポケットにインして本や漫画を持ち歩くことができるわけです。


ページの先頭へ