BookLive「ブックライブ」のテレビ敗戦 復活への処方箋無料試し読み


2011年度は、日本の電機業界にとって忘れられない年になった。2012年3月期の連結決算で、ソニー、パナソニック、シャープという、電機大手が巨額の最終赤字を計上したのだ。薄型テレビをはじめとする家電製品の「コモディティー化(汎用品化)」による製品価格の下落に苦しんだ。2012年度、3社はそろって社長交代に踏み切ったが、躍進著しい米アップルや、アジアの電機メーカーに対抗するための材料は見当たらない。高度成長期以降、常に世界のトップを走り続けてきた日本の電機メーカーに何が起こったのか。そして「日の丸家電」の復活への処方箋とは? 日本経済新聞社と日経BP社の各媒体に掲載された関連記事を集めて再編集した電子書籍。
続きはコチラ



テレビ敗戦 復活への処方箋無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


テレビ敗戦 復活への処方箋詳細はコチラから



テレビ敗戦 復活への処方箋


>>>テレビ敗戦 復活への処方箋の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」テレビ敗戦 復活への処方箋の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するテレビ敗戦 復活への処方箋を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はテレビ敗戦 復活への処方箋を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してテレビ敗戦 復活への処方箋を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」テレビ敗戦 復活への処方箋の購入価格は税込で「616円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




多種多様なサービスを追い抜く形で、このところ無料電子書籍サービスというものが広まっている要因としましては、一般的な書店が姿を消してしまったということが言われています。
サービスの内容は、運営会社によって異なります。因って、電子書籍を何処で購入するかというのは、比較検討するのが当たり前だと思っています。すぐに決定すると後悔します。
コミックサイトの最大の長所は、購入できる本の種類が書店とは比べ物にならないということではないでしょうか?売れない本を抱えるリスクがない分、幅広いニーズを満たすだけのタイトルを置くことができるというわけです。
コミックサイトもかなりありますから、比較して自分に合うものを選択することがポイントです。なので、差し当たりそれぞれのサイトのセールスポイントを掴むことが要されます。
子供の頃から本を購読していたとおっしゃる方も、電子書籍を利用し出した途端に、便利で戻れなくなるということが多いと聞いています。コミックサイトもかなり運営されていますので、兎にも角にも比較してから選択した方が良いでしょう。


ページの先頭へ