BookLive「ブックライブ」の月光条例(13)無料試し読み


「最強月打」に打たれた『青い鳥』の主人公・チルチルは、不幸な物語のキャラクターを幸せにすべく奮闘を続ける。『雉も鳴かずば』の主人公・お菊を幸せにすることが出来ずに意気消沈するチルチルに、次のチャンスを与えたのは、意外にも「長老会」のメンバーであるはだかの王様だった。王様からの情報を元に、チルチルが向かった先は、かの有名な物語…マッチを売る幼い少女が主人公の物語だった!!
続きはコチラ



月光条例(13)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


月光条例(13)詳細はコチラから



月光条例(13)


>>>月光条例(13)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」月光条例(13)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する月光条例(13)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は月光条例(13)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して月光条例(13)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」月光条例(13)の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




書籍代は、1冊単位での価格で見ればあまり高くありませんが、何冊も買ってしまうと、1ヶ月の合計金額は嵩むことになってしまいます。読み放題なら定額になるため、書籍代を節減できます。
スマホの利用者なら、読みたいときにコミックにどっぷり浸ることが可能なのが、コミックサイトのセールスポイントです。1冊毎に購入するスタイルのサイトや月額料金制のサイトなど諸々あります。
「ここにあるすべての本が読み放題だとしたら、どれほど嬉しいだろう!」という漫画マニアの発想を聞き入れる形で、「固定料金を払えば個別料金は発生しない」というプランの電子書籍が誕生したのです。
超多忙な毎日でアニメを視聴するだけの時間を確保できないという方には、無料アニメ動画が好都合です。定められた時間帯に視聴する必要がないわけですから、空き時間を活用して視聴できるのです。
BookLive「月光条例(13)」で本を買えば、自分の部屋に本棚を確保するのは不要になります。加えて、新刊を買うために本屋へ出向く手間も省けます。このような利点のために、サイト利用者数が拡大しているのです。


ページの先頭へ