BookLive「ブックライブ」のなぜ無料試し読み


1965年刊行、1976年文庫化(ともに文藝春秋社)作品、電子版にて復刊。高度成長を遂げる1960年代の日本。松下電器(現・パナソニック)の創業者である松下幸之助が、そこに抱かずにいられなかった幾多の疑問――「なぜ」。例えば企業の在り方を考えれば、本書でこう述べる。「絵をかき、音楽を奏すれば、これは芸術として高く評価される。それはそれでよい。正しいと思う。私が“商”にたずさわるからといって、儲けることをそこまで高く評価せよとはいわないが、もう少し社会的に高い意義を有するものと考えられないものだろうか」(本書より抜粋) 思索は経営にとどまらず、政治、経済、教育、そして日本人の精神までに及び、そしてその「なぜ」に対し、経営の神様が果敢に答えを提示していく。「自分なりの人生観、処世観、事業観にもとづいて考え及ぶところを述べているにすぎない。従ってそこには不備な点も多々あることとは思うけれども、ともかく本書を一貫しているのは、私なりの“なぜ”という問いと、それに対する私なりの答えである」(本書「まえがき」より抜粋)【目次】はじめに/なぜ(まえがきに代えて)/繁栄のための算術/「ホステス百万」で考えたこと/大いに儲けるべし、しかし/吉原遊廓と人間性/“信賞必罰大学”のすすめ/権威と民主主義/私製紙幣と経済危機/このごろ思うこと/こどもを躾ける/三つの「生徒守則」/自らを評価する/手さぐりの人生/青年への私のねがい/命をかけた真剣さ/徳育は人間の尊厳を教える/習慣が人をつくる/「安かろう良かろう」の教育を/わが日本一の借金王時代/ダム経営と適正経営/現代三方一両損/戦後三十年に思う/八十の手習い(あとがきに代えて)
続きはコチラ



なぜ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


なぜ詳細はコチラから



なぜ


>>>なぜの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」なぜの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するなぜを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はなぜを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してなぜを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」なぜの購入価格は税込で「349円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




スマホ一台の中に全ての漫画を収納すれば、収納場所について気を配る必要はなくなるのです。何はともあれ無料コミックから試してみると良さが理解できるでしょう。
大体の本屋では、売り物の漫画の立ち読みを阻止するために、ビニール包装するのが一般的です。BookLive「なぜ」を利用すれば試し読みできますので、ストーリーを分かった上で買うことができます。
漫画の最新刊は、お店で内容を確認して買うかの意思決定をする人が大半です。でも、この頃はBookLive「なぜ」にて1巻だけ買ってみてから、その書籍を買うのか買わないのかを決める方が増えてきています。
「自分の家にストックしておきたくない」、「読者であることを隠したい」という漫画だったとしても、BookLive「なぜ」を上手く使えば近くにいる人に非公開のまま読み続けられます。
移動中も漫画を読みたいと願う人にとって、BookLive「なぜ」ほど便利なものはありません。スマホを所持するだけで、楽々漫画に没頭することができます。


ページの先頭へ