BookLive「ブックライブ」のカウンタック 15無料試し読み


早乙女ちゃんとのディアブロでのデートの途中、F40にバトルをしかけられた舜!! 全開で挑む!! そして、勝負の余韻も束の間、かつてMR-2(AW11)に乗っていた舜に、心惑わすお誘いが。初代MR-2のボディーに2代目のエンジンを積んだ、スペシャルな一台を前に、購買意欲をそそられるが!?
続きはコチラ



カウンタック 15無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


カウンタック 15詳細はコチラから



カウンタック 15


>>>カウンタック 15の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」カウンタック 15の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するカウンタック 15を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はカウンタック 15を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してカウンタック 15を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」カウンタック 15の購入価格は税込で「527円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画ファンの人にとって、コレクション品としての単行本は価値があるということに異論はありませんが、気軽に楽しみたいという人の場合は、スマホ経由で読めるBookLive「カウンタック 15」の方が重宝するはずです。
マンガの売上は、時間経過と共に減少傾向を見せている状況です。定番と言われているマーケティングにこだわることなく、直接的には利益にならない無料漫画などを打ち出すことで、新規顧客の獲得を企図しています。
登録者の数が物凄い勢いで増えつつあるのがスマホのコミックサイトです。2~3年前までは「漫画は単行本を買って読まなくちゃ!」という人が圧倒的多数でしたが、電子書籍という形で買って見るという人が増加しているのです。
無料漫画をわざわざ読むことができるようにすることで、ユーザーを集めて売上増に結び付けるのが販売会社にとっても目論みだと言えますが、逆の立場である利用者も試し読みができるので、良い判断材料になります。
BookLive「カウンタック 15」が親世代に評判が良いのは、幼いころに幾度となく読んだ漫画を、もう一度容易く読むことが可能であるからだと考えられます。


ページの先頭へ