BookLive「ブックライブ」の経済談義無料試し読み


読売新聞に“経済談義”と題して、昭和48年6月から51年5月まで連載されたものをまとめた書。【まえがきより】この経済談義が掲載された三年間というものは、日本経済が高度成長から、石油ショックによって一転し、インフレとそれに続く深刻な不況に陥るという激動の時期であった。さらに、そうした経済面のみならず、政治の面においてもいろいろ問題が多く、その政治の混迷がまた経済にも波及して混乱の度を一段と増すという、日本にとってかつてない非常時というか危機の時であったといえよう。本書の一編一編はそうした危機の中で、私なりに考え感じたことをのべたものであり、経済談義のテーマのように企業経営なり、経済運営の問題を中心としつつも、それに重大なかかわりのある政治というか国家経営の面にも話が及んでいる。その時どきに書きしるしたものであるから、今日からみていささか時宜にかなわないといった点もいろいろあろうかと思うが、この三年間の日本のあゆみをかえりみ、今後新たな光明の道を生み出していく上で、多少ともご参考になれば幸いである。
続きはコチラ



経済談義無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


経済談義詳細はコチラから



経済談義


>>>経済談義の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」経済談義の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する経済談義を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は経済談義を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して経済談義を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」経済談義の購入価格は税込で「730円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画が何より好きなのを内緒にしておきたいと言う人が、昨今増えているのだそうです。自室に漫画を置きたくないとおっしゃる方でも、BookLive「経済談義」なら誰にも気兼ねせずに漫画を読むことができます。
コミックというものは、読み終えてから本買取専門店などに売りさばこうとしても、殆どお金になりませんし、読み返そうと思った時に困ることになります。無料コミックを利用すれば、保管スペースが不要なので片付けに困らないわけです。
ここ最近、電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というプランが提供され話題となっています。1冊単位でいくらではなくて、各月いくらという料金収受方式になっているわけです。
内容が不明のまま、表紙を見ただけで本を選ぶのは困難だと言えます。タダで試し読みができるBookLive「経済談義」というサービスを利用すれば、一定レベルで内容を確認した上で購入の判断が下せます。
電子書籍も一般的な書籍と同じで情報が商品なので、期待外れな内容でも返品は受け付けられません。よって楽しそうかを確かめるためにも、無料漫画に目を通すことが大切です。


ページの先頭へ