BookLive「ブックライブ」のつなみ無料試し読み


■内容紹介2011年3月11日、東日本大震災が発生した。津波による甚大な被害。直接的な被害を被っていない埼玉県に住む夫婦も、目もあてられぬ状況におののき、茫然としているだけだった。しかしながら震災の余波は、妻の失踪、夫の失業などに形をかえて、じわじわと夫婦におそいかかる。人々の心にまで及ぶ震災の被害。震災と津波が唯一残したもの、それは「生きること」そのものを考える“きっかけ”だった。震災によって心かき乱され、崩壊していく夫婦の生活を描いた長編小説。■著者紹介沢 正(たく しょう)埼玉県出身。
続きはコチラ



つなみ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


つなみ詳細はコチラから



つなみ


>>>つなみの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」つなみの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するつなみを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はつなみを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してつなみを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」つなみの購入価格は税込で「616円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive「つなみ」を読むのであれば、やっぱりスマホじゃないでしょうか?重いパソコンは持ち歩くことが不可能ですし、タブレットも電車など混み合った中で読みたいという時には、大きすぎて利用しにくいと想定されるからです。
お金にならない無料漫画を敢えて提案することで、ユーザーを増やし収益につなげるのが事業者側の目論みですが、反対にユーザー側も試し読みができるので失敗がなくなります。
多種多様なサービスを凌いで、近年無料電子書籍というシステムが人気を博している要因としましては、地元の本屋が減少傾向にあるということが考えられます。
本の購入代金というものは、1冊ずつの代金で見れば安いですが、たくさん購入してしまうと、毎月の支払はかなり膨らむことになります。読み放題を活用すれば固定料金なので、書籍代を節減できます。
連載系の漫画は何十冊と買う必要があるため、あらかじめ無料漫画で軽く読んで確かめるという人が増えています。やはりあらすじを知らずに本を買うというのは難しいのでしょう。


ページの先頭へ