BookLive「ブックライブ」の粉飾の論理無料試し読み


粉飾には数多くの関与者がいる。なぜ粉飾は後を絶たないのか。その末路とは。カネボウ、メディア・リンクス、ライブドアなどを事例に、粉飾にいたる系譜と構図を明らかにする。【主な内容】序 章 虚業ライブドア/第I部 カネボウの罪/第II部 メディア・リンクスの罰/第III部 監査法人の死/終 章 香港、スイス、カリブ海
続きはコチラ



粉飾の論理無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


粉飾の論理詳細はコチラから



粉飾の論理


>>>粉飾の論理の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」粉飾の論理の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する粉飾の論理を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は粉飾の論理を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して粉飾の論理を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」粉飾の論理の購入価格は税込で「1555円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




スマホで読める電子書籍は、一般的な書籍とは異なりフォントの大きさを自分好みに調整することが可能ですから、老眼で読みにくいご高齢の方でも、十分楽しむことができるという強みがあるわけです。
限られた時間を大切にしたいとおっしゃるなら、空き時間をそつなく活用しなければなりません。アニメ動画の視聴については移動中でも可能ですので、この様な時間を有効利用する方が良いでしょう。
漫画離れが嘆かれる中、電子書籍は新たな販売方法を採り入れることで、利用者数をどんどん増やしています。今までは絶対になかった読み放題プランが数多くの人に支持されたのです。
無料漫画と呼ばれているものは、店舗での立ち読み的なものだと言えます。自分に合うかどうかをそれなりに理解した上で買えるので、利用者も安心感が違うはずです。
コミックサイトはいくつもあるので、比較検討して自分の考えに合うものを選ぶことが大切です。その為にも、とにかくそれぞれのサイトの特徴を知ることが大切です。


ページの先頭へ