BookLive「ブックライブ」の蔵人(8)無料試し読み


「あやか」で、本格焼酎と“梅干し”を一緒に注文してきた客に、異を唱えたせつ。そのまま飲むのが一番美味しいと“おすすめ”しているつもりの彼女だったが、“押し付け”はやめてよと言われてしまう。思い悩んだせつは、閉店後「あやめ亭」を訪ねるが…
続きはコチラ



蔵人(8)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


蔵人(8)詳細はコチラから



蔵人(8)


>>>蔵人(8)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」蔵人(8)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する蔵人(8)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は蔵人(8)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して蔵人(8)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」蔵人(8)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「全部の漫画が読み放題なら、どんなに楽しいだろう」という利用者の要望からヒントを得て、「決まった金額を月額料として払えば購入の度に料金が発生しない」という形式の電子書籍が考えられたのです。
電車に乗っている時も漫画に没頭したいという人にとって、BookLive「蔵人(8)」ほど役立つものはないと言えます。スマホというモバイルツールを所持していれば、すぐに漫画が読めます。
漫画が好きだという人にとって、保管用としての単行本は大切だと思われますが、手軽に読みたいという人であれば、スマホで見ることができるBookLive「蔵人(8)」の方が使い勝手もいいでしょう。
幼い頃に読みまくっていた思い入れの強い漫画も、BookLive「蔵人(8)」としてDLできます。小さな本屋では見ない漫画も取り揃えられているのが特長だと言えるのです。
マンガの売れ上げは、残念ながら減少しているのです。今までのマーケティングは見直して、いつでも読める無料漫画などを前面に打ち出すことで、新規利用者数の増大を企てています。


ページの先頭へ