BookLive「ブックライブ」の他助論無料試し読み


世界でもっとも文明が進み、最強といわれた時代のイギリスで生まれた大ベストセラー作品『Self Help』(サミュエル・スマイルズ著、1859年刊)。日本でも1871年に刊行され、またたく間にミリオンセラーとなりました(当時の邦題は『西国立志論』、現在は『自助論』)。スマイルズが説いた「独立自尊」の精神はいまだこの国にも息づいていますが、「ちょっと待った!」と叫ぶ男がいます。その人の名は……清水克衛。職業は「読書のすすめ」という本屋さんの店主。または読書を普及させるために全国を飛び回っている「本のソムリエ」。100万人以上に本を薦めていくうちに、これからの日本人に必要な生き方、考え方に気づいたそうです。そして書き下ろしたのが『他助論』。彼が説く「他助」とは、「人に喜んでもらうことで成長していく生き方」のこと。あらゆる角度から「他助の精神」を取り上げることによって、これからの日本人の生きる指針を提案していきます。「日々、本を探し求めている中で、私はあるテーマに行きあたりました。それは、今までの西欧からきた成功哲学ではこれからの時代を乗り越えていくことは難しい。これからは“自助”の精神に加え、“他助”の精神が問われる時代だ。つまり≪自助論」から≪他助論≫へと移り変わってきたのだということです」(本文より)
続きはコチラ



他助論無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


他助論詳細はコチラから



他助論


>>>他助論の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」他助論の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する他助論を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は他助論を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して他助論を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」他助論の購入価格は税込で「972円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




退屈しのぎにバッチリなサイトとして、注目されているのがBookLive「他助論」だと聞いています。本屋まで行ってどれにしようかと漫画を探す必要もなく、スマホでアクセスすることで誰でも読めるというのが良い点です。
全ての人に等しく与えられた時間を大切にしたいなら、空き時間を有意義に活用するようにしなければなりません。アニメ動画を視聴するのは電車移動中でも可能ですので、その様な時間を賢く使うようにすべきです。
BookLive「他助論」はいつも持ち歩いているスマホやノートブックで読むことができて、非常に重宝します。冒頭だけ試し読みした後で、本当にそれを買うかどうかをはっきり決めるという方が少なくないみたいです。
スマホが1台あれば、BookLive「他助論」をいつでも読むことができます。ベッドでくつろぎながら、眠りに入るまでのリラックスタイムに満喫するという人が多いようです。
漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトが一押しです。買うのも非常に容易ですし、新たに出版されるコミックを手に入れたいとのことで、その度毎に本屋で事前に予約をすることも要されなくなります。


ページの先頭へ