BookLive「ブックライブ」の神も仏もありませぬ無料試し読み


まさか私が六十三? 当り前で何の不思議もないのに、どこかに、えっまさか嘘だよなあと思うのが不思議である。――六十代になり、還暦を迎えても温泉に行きたければ、暗闇の山中、車を走らせ、泥だらけになって帰ってくる。生地・北京へ五十五年ぶりに赴き、「ふるさと」について考える。会ったことのない百一歳の人が生前着ていた着物にアイロンをかけ、その人生をいとしく思う。群馬の山中での生活を中心に感性豊かな著者の、筆冴えわたる珠玉の随筆集。第三回小林秀雄賞受賞。
続きはコチラ



神も仏もありませぬ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


神も仏もありませぬ詳細はコチラから



神も仏もありませぬ


>>>神も仏もありませぬの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」神も仏もありませぬの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する神も仏もありませぬを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は神も仏もありませぬを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して神も仏もありませぬを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」神も仏もありませぬの購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「どのサービスで本を買うことにするか?」というのは、意外と大切なことだと考えます。料金とかサービス内容などが異なるわけですから、電子書籍につきましては比較して選ばないとならないと思います。
定期的に新作が追加になるので、いくら読んでも読むものが無くなる心配は無用というのがコミックサイトの売りです。書店には置いていないようなちょっと前のタイトルも読むことができます。
利用者が急増中の無料コミックは、タブレットなどで楽しむことができます。外出しているとき、昼休み、医療施設などでの順番を待っている時間など、自分の好きなタイミングで気負わずに読むことが可能なのです。
「大体の内容を知ってから買いたい」とおっしゃる利用者からしたら、無料漫画は悪いところがないサービスだと言えるでしょう。販売側からしても、新しいユーザー獲得が望めるというわけです。
買って読みたい漫画はあれこれ販売されているけど、入手してもしまう場所がないという方もかなりいるようです。そういう背景があるので、収納スペースを気に掛ける必要のないBookLive「神も仏もありませぬ」の利用者数が増加してきているのではないでしょうか。


ページの先頭へ