BookLive「ブックライブ」の三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)無料試し読み


▼第1話/息子▼第2話/赤いセーター▼第3話/最高のプレゼント▼第4話/犬の恩返し▼第5話/男は中味▼第6話/電灯▼第7話/近道▼第8話/恐妻家▼第9話/葬式▼第10話/嘘は罪▼第11話/写真館の美女▼第12話/過ぎし日の町角▼第13話/夢の超特急▼第14話/冒険小説▼第15話/虎になった猫▼第16話/ぬかみそ▼第17話/七夕怪談●登場人物/鈴木則文(鈴木オートの社長で働き者。子供には少々甘い)、鈴木トモエ(優しくてしっかり者のお母さん。でも怒ると怖い)、鈴木一平(鈴木オートの一人息子。ワンパクだが、気は優しい)●あらすじ/毎朝新聞社政治部記者の石上三年の息子・勇気は、大学受験を来年に控えながら、いじめを理由にまた学校をさぼってしまった。名前とはかけ離れ、勇気のかけらも感じられない息子を心配する石上。しかし、ある日陶芸家のインタビューに行ったことがきっかけで、長所も短所もひっくるめ、息子の“個性”であることに気付く。(第1話/息子)▼鈴木家のお母さん・トモエは、セールで買いだめした赤い毛糸で、息子・一平のセーターを編んだ。当時は、赤系統は「女色」、青系統は「男色」という変な決まり事のあった時代だったので、「女色はいやだ」「恥ずかしくて着られない!」と一平にいやがられてしまう。案の定、学校へ着ていった一平は「女みたい」とひやかされるが、なかには褒めてくれる人もいて……。(第2話/赤いセーター)●その他のDATA/昭和30年代風物詩~三輪自動車(第2話)、火鉢(第5話)、火消し壷、お釜(第6話)、駄菓子屋、メンコ(第12話)
続きはコチラ



三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)詳細はコチラから



三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)


>>>三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




絶対に電子書籍で購入するという人が着実に増えています。バッグなどに入れて携行する必要もありませんし、収納する場所も要らないという点が評価されているからです。その上、無料コミックもいくつかあるから、試し読みも簡単にできます。
限られた時間を大切にしたいとおっしゃるなら、空き時間を有意義に活用するよう意識しなければなりません。アニメ動画の視聴は移動の真っ最中でも可能ですので、この様な時間を充当する方が良いでしょう。
買う前に試し読みをして漫画のイラストや中身を確認してから、納得して購入できるというのがネットで読める漫画の良い点です。前もってあらすじが分かるので失敗する心配はいりません。
昨今、電子書籍業界では既存の発想に縛られない「読み放題」というサービスが誕生し人気を博しています。1冊ごとにいくらではなくて、月額いくらという料金体系を採用しているのです。
スマホを使っているなら、BookLive「三丁目の夕日 夕焼けの詩(43)」を簡単に楽しめるのです。ベッドに寝そべって、眠りに就くまでのリラックスタイムに閲覧するという人がかなり多いと聞いております。


ページの先頭へ