BookLive「ブックライブ」の三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)無料試し読み


▼第1話/席替え▼第2話/心の唄(うた)▼第3話/連休サバイバル▼第4話/こどもの日▼第5話/雨▼第6話/某博士(ぼうはかせ)の大研究▼第7話/病院坂の美女▼第8話/野球嫌い▼第9話/水中眼鏡(すいちゅうめがね)▼第10話/行水(ぎょうずい)▼第11話/地底探検▼第12話/秋のエアメール▼第13話/おはぎと功徳(くどく)▼第14話/アップリケ▼第15話/黄昏(たそがれ)▼第16話/逆上(さかあ)がり▼第17話/ライスカレー●あらすじ/友達とハイキングに出かけても、足の遅いユウちゃんを見ては「だからあいつと来るの嫌なんだ」と言ってしまう、ちょっといじわるなサブちゃん。新学期の席替えで、体が弱くて肌が白いために「ユーレイ」というあだ名の結城令子ちゃんが、そんなサブちゃんのとなりの席になっちゃって…!?(第1話)▼4歳の小森宇太郎君のお気に入りは、お母さんがホステスの仕事に行く前に歌ってくれる子守り唄。その唄を聞けば、いつでもスヤスヤ眠ることができた。だがある日、お母さんは火事で死んでしまい、宇太郎君は遠い親戚に引き取られることに。そして37歳になった今でも、彼の胸中には母を失った寂しさが残っていて…(第2話)。●本巻の特徴/三丁目だけでなく、産業界でも有名な博士の日常が描かれる「某博士の研究」や、小さいながらもきちんと家事をこなす父子家庭の女の子を描いた表題作「ライスカレー」などを収録。●その他のDATA/昭和30年代風物誌~子守唄(第2話)、蚊帳・水中眼鏡(第9話)、ゴムのカエル・水鉄砲・天花粉(第10話)、ツクツク法師・オニヤンマ(第11話)、おはぎ(第13話)、アップリケ(第14話)、ライスカレー(第17話)
続きはコチラ



三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)詳細はコチラから



三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)


>>>三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




例えば移動中などの空き時間を活用して、無料漫画をちょっとだけ読んで自分に合いそうな本を探しておけば、土日などの暇なときに購読して続きを満喫することができるわけです。
コミックサイトの最大の魅力は、揃っている冊数が本屋とは比較できないくらい多いということだと言えます。売れ残る心配がないということで、多岐に亘る商品を置けるというわけです。
クレカで購入する電子書籍は、気付くと購入代金が高くなっているという目にあうことがあります。ところが読み放題の場合は毎月の支払いが固定なので、どれだけDLしたところで支払が高額になるという心配がありません。
このところ、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というプランが誕生し人気急上昇中です。1冊いくらではなくて、月極めいくらという料金収受方式なのです。
漫画と聞くと、「若者をターゲットにしたもの」だと考えているかもしれないですね。しかしながら今はやりのBookLive「三丁目の夕日 夕焼けの詩(52)」には、30代~40代の方が「感慨深いものがある」と思ってもらえるような作品も多く含まれます。


ページの先頭へ