BookLive「ブックライブ」の江戸前の旬 12無料試し読み


江戸切子を作る硝子工芸を営む黒澤(くろさわ)は、息子に誘われて江戸前にこだわった店である「柳寿司」にやってくる。そしてシンコとヅケとマコガレイを食べるが、黒澤は「これは江戸前の握りではない」と断言。自分が仕込みをした寿司ネタを否定され、ショックを受ける柳葉旬(やなぎば・しゅん)だったが、黒澤の息子は江戸前寿司に例えながら、伝統の技を生かしつつ時代に合う江戸切子を作ってほしいと語り出す。そこで旬の父・鱒之介(ますのすけ)は、うちの寿司は伝統的な江戸前ではないと言うのだが……!?
続きはコチラ



江戸前の旬 12無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


江戸前の旬 12詳細はコチラから



江戸前の旬 12


>>>江戸前の旬 12の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」江戸前の旬 12の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する江戸前の旬 12を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は江戸前の旬 12を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して江戸前の旬 12を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」江戸前の旬 12の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive「江戸前の旬 12」はスマホやパソコン、ノートブックで読むことが可能なのです。初めだけ試し読みができるので、それによりその本を購入するかどうかをはっきり決めるという人が増えているのだそうです。
コミックサイトはいくつもあります。それらのサイトをしっかり比較して、自分に合ったものをピックアップするようにしていただきたいです。そうすれば失敗しません。
一般的な書店では、商品である漫画の立ち読みを阻止するために、ヒモでしばるのが一般的です。BookLive「江戸前の旬 12」であれば冒頭を試し読みができるので、物語を確かめてから購入することができます。
「どのサイトを介して本を購入するのか?」というのは、意外と大事な事です。売値や使い勝手などに違いがあるわけなので、電子書籍は比較して選択しないといけません。
容易にDLして読むことができるというのが、無料電子書籍なのです。本屋まで出向く必要も、通販で購入した本を受け取る必要も全くないのです。


ページの先頭へ