BookLive「ブックライブ」の江戸前の旬 16無料試し読み


ヤクザの喧嘩を目撃した柳寿司三代目・柳葉旬(やなぎば・しゅん)。翌日、そのヤクザ・成瀬(なるせ)が柳寿司にやってきて、「バッケの握りはあるか」と聞いてきた。旬の父・鱒之介(ますのすけ)によって、バッケとは青森の方言でフキノトウのことだと判明する。成瀬のことを気に懸けていた大家のお婆さんが入院し、見舞いに行った成瀬は、バッケが食べたいというお婆さんの願いをかなえてあげようと考えていたのだ。しかし鱒之介は、市場に出回るフキノトウは青森のものとは味が違うと話して……!?
続きはコチラ



江戸前の旬 16無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


江戸前の旬 16詳細はコチラから



江戸前の旬 16


>>>江戸前の旬 16の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」江戸前の旬 16の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する江戸前の旬 16を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は江戸前の旬 16を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して江戸前の旬 16を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」江戸前の旬 16の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive「江戸前の旬 16」のサービス内容次第ですが、1巻全部を料金なしで試し読みできるというところも見受けられます。1巻は無料にして、「面白いと思ったら、次巻以降を有料にて読んでください」という営業方法です。
連載中の漫画などは何冊も購入することになりますので、とりあえず無料漫画で軽く読んで確かめるという人が目立ちます。やっぱりすぐに漫画の購入を決断するというのはかなり難儀だということです。
入手してから「自分が思っていたよりもありふれた内容だった」と悔やんでも、買ってしまった漫画は交換してもらえません。だけども電子書籍なら先に試し読みすることが可能なので、そうした状況をなくすことができます。
漫画ファンの人にとって、保管用としての単行本は大切だと思いますが、気軽に楽しみたいという人であれば、スマホで閲覧することができるBookLive「江戸前の旬 16」の方が重宝します。
書籍の販売低迷が嘆かれる中、電子書籍は画期的な仕組みを提案することによって、新たな顧客を飛躍的増加させているのです。過去に例のない読み放題という仕組みが起爆剤になったのです。


ページの先頭へ