BookLive「ブックライブ」の大菩薩峠(12)無料試し読み


竜之助との間を理由ありげに噂され、お雪は不安を募らせていた。宿を訪れる人がみな、竜之助を捜しているように見えてくる。ついには白骨を去り、白川郷へ向かおうと決意する。そのころ兵馬は飛騨高山に歩を進めていた。一方、お銀様は再び故郷を離れ、お角に同道して鳴海、熱田へ。道庵と米友もまた、木曽から尾張へ入り、名古屋城天守に登って御満悦。ある夜その城中奥深く、がんりきの百蔵が忍び入った……。「年魚市の巻」「畜生谷の巻」を収録。
続きはコチラ



大菩薩峠(12)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


大菩薩峠(12)詳細はコチラから



大菩薩峠(12)


>>>大菩薩峠(12)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」大菩薩峠(12)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する大菩薩峠(12)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は大菩薩峠(12)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して大菩薩峠(12)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」大菩薩峠(12)の購入価格は税込で「810円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「電車で移動中にコミックブックを開くなんて絶対に無理」という人でも、スマホそのものに漫画をDLすれば、他人の目を気にする必要がなくなるはずです。まさしく、これがBookLive「大菩薩峠(12)」の良いところです。
書籍代は、1冊1冊の購入代金で見れば高くはないかもしれませんが、何冊も買えば月々の購入代金は嵩むことになってしまいます。読み放題だったら利用料が定額のため、支払を抑えることが可能です。
「漫画の連載を見るのが好きなんだ」という人には不要です。だけど単行本が発売になってから見るという方にとっては、前以て無料漫画で大筋をチェックできるのは、本当に役立ちます。
人気作も無料コミックで試し読みできます。スマホやPC上で読めるので、他人に知られたくないとか見られるとヤバい漫画も内緒で読むことができます。
老眼のせいで、近くの物がぼやけて見えるようになってきたという読書が好きな高齢者には、スマホで電子書籍を閲覧することができるようになったというのはすごいことなのです。文字サイズをカスタマイズできるからです。


ページの先頭へ