BookLive「ブックライブ」の大菩薩峠(13)無料試し読み


飛騨高山を前に竜之助とお雪は火災に見舞われ、からくも川原へ逃れた。白骨で鎮まっていたものの封が切れたのか、再び竜之助の血がざわめき始める。同じころ兵馬は高山の代官屋敷に逗留、好色な代官の妾に手を焼いていた。一方、マドロスの行状から謀反を企むと騒がれた駒井は洲崎退去を決心する。その駒井の一子・登を伴い、お松は青梅をあとに洲崎へ。なぜかお松との同行を拒む与八は、郁太郎を背に甲州へ向かうが……。「勿来の巻」「弁信の巻(一~二十)」を収録。
続きはコチラ



大菩薩峠(13)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


大菩薩峠(13)詳細はコチラから



大菩薩峠(13)


>>>大菩薩峠(13)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」大菩薩峠(13)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する大菩薩峠(13)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は大菩薩峠(13)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して大菩薩峠(13)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」大菩薩峠(13)の購入価格は税込で「918円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




実写化で話題の漫画も、無料コミックを介せば試し読みできます。所有しているスマホで読むことができますから、誰からも隠しておきたい・見られたくない漫画もコソコソと楽しむことができるのです。
書籍のネットショップでは、概ねタイトルなどに加えて、大ざっぱな内容しか確かめられません。それに対しBookLive「大菩薩峠(13)」だったら、数ページを試し読みすることができるようになっているのです。
月極の利用料を支払ってしまえば、様々な種類の書籍を好きなだけ読むことができるという読み放題サービスが電子書籍で広がりを見せています。一冊単位で買わなくても済むのが人気の秘密です。
サービスの詳細は、各社異なります。そんな訳で、電子書籍をどこで買うかというのは、当然比較したほうが良いと考えます。軽い感じで決めてしまうと後悔します。
1冊1冊書店まで買いに行くのは面倒ですよね。とは言え、全巻まとめて買うのは面白くなかったときの金銭的及び精神的ダメージがデカすぎるでしょう。BookLive「大菩薩峠(13)」は欲しい分だけ買えるので、その辺の心配が不要です。


ページの先頭へ