BookLive「ブックライブ」の死ぬという大仕事無料試し読み


女流作家の話題の遺作がついに電子化!2009年4月14日に死去した作家・上坂冬子氏の遺作を電子化。08年秋にがん再発が見つかり、手遅れと言える状態から、「緩和ケア」医療を選択することで残された時間を有意義に生きた記録。それは同時に、自らの病状を受け入れて、「いかに自分らしく死ぬか」を徹底して追求した時間でもあった。 また上坂氏は、望む治療が受けられない「がん難民」が多発する医療制度に疑問を抱き、自らの闘病を詳細に明かすとともに、病室で医師らにインタビューして原稿にまとめた。かつてない赤裸々な筆致で末期がん患者の本音と真実が語られた「最後の傑作」である。 発売当初から大反響が起きて原書は版を重ね、「死」をテーマとしたノンフィクションとしては異例のベストセラーとなった。 文庫化に当たり、当時の主治医ほか医療スタッフに再取材し、この3年間で医療現場、緩和ケア体制がどのように変わったかを追補したものを電子化した。
続きはコチラ



死ぬという大仕事無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


死ぬという大仕事詳細はコチラから



死ぬという大仕事


>>>死ぬという大仕事の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」死ぬという大仕事の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する死ぬという大仕事を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は死ぬという大仕事を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して死ぬという大仕事を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」死ぬという大仕事の購入価格は税込で「464円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




電子書籍ビジネスには多数の業者が進出していますから、しっかりと比較してから「どの電子書籍を活用するのか?」を決めるべきです。揃えている書籍の種類や価格、サービスの内容などをリサーチすることを推奨します。
カバンの類を持ち歩かないという男性陣にとって、スマホで無料電子書籍を満喫できるというのはとても便利です。言ってみれば、ポケットにインして本とか漫画を持ち運べるわけなのです。
無料漫画を満喫できるという理由で、ユーザー数が急増するのは当然の結果です。本屋とは違って、他人の目を憚ることなく立ち読みすることが可能だというのは、電子書籍ならではのメリットだと言っていいでしょう。
無料電子書籍を閲覧することにすれば、やることが無くて時間だけが過ぎ去っていくということがなくなるはずです。シフトの合間やバスなどで移動している時などにおきましても、存分にエンジョイできるはずです。
数多くの人が無料アニメ動画の視聴をしているようです。ぽっかり空いた時間とか各種交通機関での移動中の時間などに、楽々スマホで見ることができるというのは、非常に便利だと言えます。


ページの先頭へ