BookLive「ブックライブ」の三流になった日本の医療無料試し読み


海外の病院で盲腸炎を手術したらいくらかかるか? アメリカなら2泊3日で約200万円、ヨーロッパなら同じく約100万円。日本だと1週間の入院で約30万円、自己負担3割なら10万円弱だ。これは日本の医療費が「公定価格」で、国の医療予算を節約するために世界の常識から外れた不当に安い値段で現場に高度医療を強要しているせいだ。その結果、何が起こったか。日本の大病院のスタッフはアメリカの10分の1、相次ぐ病院の倒産・閉鎖、医療事故の多発、医師の自殺、看護師の「燃え尽き」症候群、産婦人科医・小児科医の激減、妊婦のたらい回し、等々。日本はすでに国際的に見て「医療三流国」なのだ。本書は、先進国として恥ずかしい、たった9兆円の予算しか負担しない政府の不勉強・不見識を、医療現場の怒りを代表して告発した問題作。著者は創立125年の伝統を誇る日本初の眼科専門病院の院長であり、日本屈指の「神の手」をもつ眼科専門医。
続きはコチラ



三流になった日本の医療無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


三流になった日本の医療詳細はコチラから



三流になった日本の医療


>>>三流になった日本の医療の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」三流になった日本の医療の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する三流になった日本の医療を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は三流になった日本の医療を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して三流になった日本の医療を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」三流になった日本の医療の購入価格は税込で「1279円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




あらすじが理解できないままに、タイトルと著者名だけで漫画を購読するのは極めてリスキーです。試し読みができるBookLive「三流になった日本の医療」でしたら、大まかな内容を確認した上で買うかどうかの判断ができます。
読み放題プランというサービスは、電子書籍業界でしか実現できない全くもって斬新的な挑戦になるのです。読む方にとっても出版社側にとっても、プラスの面が多いと言えるでしょう。
常時新しい漫画が追加されるので、何十冊読んだとしても読む漫画がなくなる心配は無用というのがコミックサイトなのです。書店では販売されないマニアックなタイトルも購入できます。
移動中の何もしていない時などのちょっとした手空き時間に無料漫画をチェックして好きな作品を探し出してさえおけば、後々時間が取れるときに購入して続きを楽しむこともできるといわけです。
電子書籍も普通の書籍なんかと一緒で情報そのものが商品であるわけなので、楽しめなくても返品に応じて貰えません。なので自分に合うかをチェックするためにも、無料漫画を閲覧する方が良いのは間違いありません。


ページの先頭へ