BookLive「ブックライブ」のモニ太のデジタル辞典1無料試し読み


「パソ犬」のモニ太が、パソコンビギナーにも分かりやすく、IT、ネット関連の用語やスラングを解説していきます。読売新聞夕刊で漫画「オフィス ケン太」を連載中の唐沢なをきさんが愉快なパソ犬たちを描き、夫人のよしこさんが原稿担当です。2003年2月28日から2004年2月13日までヨミウリ・オンラインで連載された50話を収録しています。▽ADSL▽IP電話▽FTTH▽ファイル交換ソフト▽ほっとスポットほか。
続きはコチラ



モニ太のデジタル辞典1無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


モニ太のデジタル辞典1詳細はコチラから



モニ太のデジタル辞典1


>>>モニ太のデジタル辞典1の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」モニ太のデジタル辞典1の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するモニ太のデジタル辞典1を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はモニ太のデジタル辞典1を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してモニ太のデジタル辞典1を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」モニ太のデジタル辞典1の購入価格は税込で「324円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




人気の無料アニメ動画は、スマホでも見ることが可能です。近年は子供だけではなく大人のアニメオタクも増加していることから、この先更に規模が拡大されていくサービスであるのは間違いありません。
BookLive「モニ太のデジタル辞典1」のユーザーを増やすための戦略として、試し読みができるというのは素晴らしいアイデアだと言えます。時間を忘れてある程度の内容を確認できるため、休憩時間を有効に使用して漫画選びができます。
「手持ちの漫画が増え過ぎて難儀しているので、買いたくても買えない」という様な事がないのが、BookLive「モニ太のデジタル辞典1」の特長の1つです。どれだけたくさん購入しようとも、保管場所を考える必要がありません。
「電子書籍は好きじゃない」と言われる方もいるのは確かですが、一度でもスマホを活用して電子書籍を読んでみたら、その扱いやすさや購入の手間なし感からリピーターになる人がほとんどだとのことです。
電子書籍のデメリットとして、知らないうちに料金が高くなっているということが想定されます。だけども読み放題だったら毎月の支払が決まっているので、どれだけ読了したとしても利用代金がすごい金額になる可能性はゼロなのです。


ページの先頭へ