BookLive「ブックライブ」のラストイニング(12)無料試し読み


10年ぶりに甲子園球場を訪れた鳩ヶ谷。そこには春の近畿大会を観戦する桃谷と蕨の姿があったが、桃谷は「わしが知ってる鳩ヶ谷はこの男とは違う」と言うと、無愛想に席を立ってしまう。鳩ヶ谷の話の真否を確認に来た蕨だが、結局桃谷から聞き出すことはできず、代わって鳩ヶ谷自身が再び語り始める。それは、胴元になるために組の金を盗もうとした鳩ヶ谷の衝撃的な過去で…。
続きはコチラ



ラストイニング(12)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ラストイニング(12)詳細はコチラから



ラストイニング(12)


>>>ラストイニング(12)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ラストイニング(12)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するラストイニング(12)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はラストイニング(12)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してラストイニング(12)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ラストイニング(12)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「外でも漫画を満喫したい」と言う方に便利なのがBookLive「ラストイニング(12)」だと言えるでしょう。漫画を帯同することもなくなりますし、荷物自体も減らせます。
漫画の虫だという人からすれば、コレクションとしての単行本は貴重だと理解できますが、手軽に楽しみたいという人であれば、スマホで閲覧できるBookLive「ラストイニング(12)」の方がおすすめです。
スマホで閲覧する電子書籍は、一般的な書籍とは異なりフォントの大きさを好きに変えることができるので、老眼で見えにくい高齢者でもサクサク読めるという特徴があるわけです。
漫画雑誌と言うと、「少年少女をターゲットに作られたもの」だと思っているかもしれないですね。けれど今はやりのBookLive「ラストイニング(12)」には、アラサー・アラフォーの方が「若いころを思い出す」という感想を漏らすような作品も多くあります。
「漫画の数があり過ぎて頭を痛めているので、購入するのをためらってしまう」という状況にならずに済むのが、BookLive「ラストイニング(12)」を一押しする要因です。山のように購入し続けても、置き場所を考えなくても大丈夫です。


ページの先頭へ