BookLive「ブックライブ」の竹光侍(2)無料試し読み


正月二日。故郷とは比ぶべくもない賑やかな江戸の町を宗一郎が歩いていると、竹光に代えて売り払った刀の國房が、女の亡霊の姿で現れた。國房は「何故私を買い戻しませぬ…ずっとお前を待っておるのですよ」と語りかけるが、宗一郎は手習所で子供に読み書きを教えている現状に満足していると言い、「もはや拙者に刀は要らぬ」と答える…。
続きはコチラ



竹光侍(2)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


竹光侍(2)詳細はコチラから



竹光侍(2)


>>>竹光侍(2)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」竹光侍(2)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する竹光侍(2)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は竹光侍(2)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して竹光侍(2)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」竹光侍(2)の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画ファンの人からすると、手元に置いておける単行本は値打ちがあるということは認識していますが、「読むことができればOK」という人の場合は、スマホ1台あればよいBookLive「竹光侍(2)」の方がいいと思います。
BookLive「竹光侍(2)」はスマホやパソコン、タブレット型端末で読むことができるわけです。最初だけ試し読みができますから、その結果次第でそのコミックをDLするかを決定するという人が稀ではないと言われています。
スマホ上で読む電子書籍は、ご存知の通り文字の大きさを視力に合わせることが可能ですから、老眼が進んでしまった高齢者でも、十分楽しむことができるという長所があるわけです。
書籍のネットショップでは、ほとんど表紙・タイトルの他、大体の内容しか確認できません。だけどBookLive「竹光侍(2)」サイトの場合は、数ページ分を試し読みで確認できます。
BookLive「竹光侍(2)」のサービス内容次第ですが、1巻を丸ごと無料で試し読みすることが可能というところも見受けられます。1巻を読んでみて、「エンジョイできたら、その先の巻を購入してください」という営業方法です。


ページの先頭へ