BookLive「ブックライブ」の開花の人―福原有信の資生堂物語無料試し読み


徳川の世が揺らぎはじめた元治元年(1864年)、一人の青年が蘭方医学の私塾で学ぶため、安房国(現在の千葉県)から江戸にやってきた。その青年こそが後の資生堂を創業する福原有信(ふくはらありのぶ)だ。有信は、窮乏する福原家を再興するという使命を帯びて、勉学に励む。当初は医師を目指していたが、ある時、1冊の本と出合う。その本はワートルの『薬性論』。この本が有信の後の人生を大きく変えていくのであった。有信の真摯に学ぶ姿に、多くの人が感化され、そして有信を支えていく。そして当時の日本ではまだ受け入れられなかった「医薬分業」に取り組み、明治5年(1872年)西洋薬舗会社「資生堂」を創業する。これが2012年に創業140周年を迎えた、あの化粧品会社「資生堂」として羽ばたいてゆくのである。本書は数々の苦難を乗り越え、自らの意思を貫いた薬師であり実業家である福原有信の人生を描く著者渾身の評伝小説である。
続きはコチラ



開花の人―福原有信の資生堂物語無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


開花の人―福原有信の資生堂物語詳細はコチラから



開花の人―福原有信の資生堂物語


>>>開花の人―福原有信の資生堂物語の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」開花の人―福原有信の資生堂物語の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する開花の人―福原有信の資生堂物語を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は開花の人―福原有信の資生堂物語を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して開花の人―福原有信の資生堂物語を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」開花の人―福原有信の資生堂物語の購入価格は税込で「1555円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




読み放題というサービスは、電子書籍業界でしか実現できないさながら画期的とも言える取り組みなのです。購入する側にとっても作家サイドにとっても、魅力が多いと言えるでしょう。
電子書籍のニードは、日を追うごとに高まりを見せている状態です。そんな中で、特に利用者がどんどん増えているのが読み放題というプランだと教えてもらいました。支払料金を気にすることなく読むことができるのが人気の秘密です。
コミックと言うと、「若者をターゲットにしたもの」という印象が強いのではないでしょうか?ですが最近のBookLive「開花の人―福原有信の資生堂物語」には、50代以降の方でも「子供の頃を思い出す」と思えるような作品も多く含まれます。
人前ではどんな内容か確認するのですら憚れる類の漫画でも、無料漫画システムを提供している電子書籍でしたら、楽しめるかをよく理解してからDLすることができるというわけです。
読んだ方がよいか悩む漫画があるような時は、BookLive「開花の人―福原有信の資生堂物語」のサイトで無償利用できる試し読みを有効利用することをおすすめしたいですね。斜め読みなどしてつまらないようであれば、決済しなければ良いだけです。


ページの先頭へ