BookLive「ブックライブ」のモルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐる無料試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「モルモン教」について日本語で書かれた書物は少ない。あっても、布教目的か、反感に満ちた不公平なものが多い。アメリカでは、「モルモン教」は創始から約180年を経て、今や信徒として第五~第六世代目を迎える家族もいて、生活も安定し、彼らの中からも元信徒の中からも、学術的に優れた研究者・歴史家が多く育っている。古文書的な資料はよく保存されている。「モルモン教」ではなんと、先祖の系図調べとその死せる先祖への「代理洗礼」とが、信仰実践の一部なのである。(ユダヤ人やヒットラーにまで「代理洗礼」を行おうとするボランティアがいて、教会側は慌てているようであるが。)日本の戦中派が、自分たちを裏切ったと思われる天皇制の背景としての古代史に興味があるように、アメリカでも「モルモン教神話」の背景に対する知的関心は高い。さまざまな研究手法で(コンピューターによる聖典言語の解析も含め)分析されている。また、ロムニーの登場を契機に、「政治権力とモルモン教」「大統領を目指したモルモン教徒たち」等のテーマの研究も盛んである。そしてもちろん、外部からの揚げ足取り的な書物・映画・テレビ、そしてネット交信も花盛りである。さて、日本人・沼野治郎氏による本書『モルモン教をどう見るか』は、以上の観点からも、まことに待望された書物である。氏は、1958年に16歳で関西で「モルモン教」に入信・受洗されたとのことであるが、真摯な信徒であり続けるとともに、ブリガムヤング大学を卒業後、日本で大学の先生として「モルモン教」関係史を、学術的に極めて深く研究しておられ、かつ、日本の「モルモン教徒」の実情にも通じておられる。本書は、氏のライフワークとも呼べる力作である。「モルモン教」のさまざまな側面について多様な論文を読み解き、公平に解説しておられる。ご自分の論文も紹介しておられる。もし読者の中に、伝道者からではなく研究者から「モルモン教」について公平に詳しく聞きたいという方がおられた場合、本書は絶好の書である。大学の教養課程の「アメリカの文化・宗教・社会・政治」などの分野の授業で、教科書の一環として使用したり、卒業論文用に参照したりすることのできる、信頼のおける書籍である。 「序文」より せせらぎ出版刊
続きはコチラ



モルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐる無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


モルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐる詳細はコチラから



モルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐる


>>>モルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐるの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」モルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐるの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するモルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐるを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はモルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐるを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してモルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐるを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」モルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐるの購入価格は税込で「1285円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




あらすじが理解できないままに、表紙から得られる印象だけで漫画を購読するのは困難だと言えます。タダで試し読みができるBookLive「モルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐる」でしたら、そこそこ内容を確かめた上で買えます。
コミックの売り上げは、時間経過と共に少なくなっている状況です。昔ながらの営業戦略に固執することなく、宣伝効果の高い無料漫画などを展開することで、新規ユーザーの獲得を企てています。
電子書籍ビジネスには色々な企業が進出していますので、間違いなく比較してから「どの電子書籍をチョイスするのか?」を決定することが大切だと思います。本の取扱量や価格、サービス、使い勝手などをチェックすることを推奨します。
BookLive「モルモン教をどう見るか 第三の視点をさぐる」を楽しみたいなら、スマホが便利です。パソコンは重たいので持ち歩けないし、タブレットもバスや電車などの混雑した中で閲覧するというような時にはちょっと不便だからです。
わざと無料漫画を提供することで、訪問者を増やし利益に結び付けるのが電子書籍会社の狙いですが、もちろんユーザーも試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。


ページの先頭へ