BookLive「ブックライブ」のabさんご無料試し読み


「途方もないものを読ませていただいた」──蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞した本作は、75歳の著者デビュー作。昭和の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの美しくしなやかな物語である。半世紀以上ひたむきに文学と向き合い、全文横書き、「固有名詞」や「かぎかっこ」「カタカナ」を一切使わない、日本語の限界に挑む超実験小説を完成させた。第148回芥川賞受賞作。小説集『abさんご』より表題作のみ収録。
続きはコチラ



abさんご無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


abさんご詳細はコチラから



abさんご


>>>abさんごの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」abさんごの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するabさんごを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はabさんごを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してabさんごを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」abさんごの購入価格は税込で「925円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「アニメに関しては、テレビで視聴できるもの以外は一切見ていない」というのは昔の話であると言えます。その理由としては、無料アニメ動画などをネットを経由して見るという形が一般化しつつあるからです。
最新刊は、書店で内容を確認して買うか否かの意思決定をする人が過半数を占めます。ただし、最近ではひとまずBookLive「abさんご」サイトで1巻を読んでみて、その本について買う・買わないを決める人が多いようです。
電子書籍も普通の本と同じで情報そのものが商品であるわけなので、面白くなくてもお金を返してもらうことはできません。それがあるので、楽しめるかをチェックするためにも、無料漫画を読むことが大事になります。
無料漫画と申しますのは、本屋での立ち読みみたいなものだと言って間違いありません。面白いかどうかを一定程度確かめた上で買えるので、ユーザーも安心できるはずです。
「スマホなんかの画面では迫力が半減するのでは?」とおっしゃる人も見受けられますが、本当にBookLive「abさんご」をゲットしスマホで閲覧してみれば、その優位性に驚愕するはずです。


ページの先頭へ