BookLive「ブックライブ」のみちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色無料試し読み


いつも気がつかずにいる不思議な「何か」に着目して、道を歩く楽しみを提示してくれる「みちくさ」の専門家たち。今回は、「外蛇口」、「井戸」「ローテク看板」「ダンメン」や「鍾馗さん」をご紹介。家や建物をじっくり観察したことがありますか? 「街を歩くこと (みちくさすること) は、お金をかけた趣味以上に面白い!(こともある)」を合言葉に、興味の視野を広げ、日常の何気ない風景が面白く変わってゆく楽しみを見いだしませんか? 【目次】●第1章 外にある『蛇口』には『蛇口』とは違う魅力がある 外蛇口を鑑賞するとは? 似ているようで実は違うということ 見えていなくてもみえてくるもの 素敵なコラボレーション どこからどこまでが外蛇口か?など●第2章 『井戸』は水を汲むだけじゃない いどまじんが現れた! 井戸にある紋章とは? 井戸のカタチ 滅びの美学 恐怖! なんか出てきやしませんよね……?など●第3章 明日から京都の見方が変わるダンメン鑑賞ガイド ダンメン観賞の基礎知識 ダンメンのシルエットを観賞する ダンメンはどんな素材でできているのか? 消えた町家を追えーテンシャ ダンメンから町家の履歴を推理せよ!など●第4章 『鍾馗さん』を見つけよう 鍾馗へのいざない 鍾馗を探してみよう 鍾馗の味 日本一の鍾馗ストリート 鍾馗は怒っているほうがいい など●第5章 看板のなかで一番楽しい【ローテク看板】 ローテク看板とは? アキバでラーメンが飛んでいる!? 食べ物がいっぱい詰まった夢の観覧車!? 歌舞伎町にて、釜飯のフタが半開き ソーラーパワーで木魚をぽくぽく叩く和尚さん など【著者】みちくさ学会みちくさ学会とは路地、看板、標識、坂道などは...興味のない方にとってみれば風景の一部に過ぎません。しかし、これが好きで好きでしょうがない人にとっては魅力ある対象です。「みちくさ学会」は、その道のブロガーが興味の対象としている対象物の面白さと、その鑑賞術を紹介。“みちくさ”の楽しみ方を提案するブログメディアです。http://michikusa-ac.jp※impress QuickBooksシリーズは出版社のインプレスが、「スマホで読むための電子書籍」として企画しています。
続きはコチラ



みちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


みちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色詳細はコチラから



みちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色


>>>みちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」みちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するみちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はみちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してみちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」みちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画コレクターだという人にとって、手元に置いておける単行本は大事だと思われますが、読めるだけで満足という人であれば、スマホ経由で読めるBookLive「みちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色」の方がいいでしょう。
電子書籍のデメリットとして、知らないうちに料金が跳ね上がっているということが想定されます。だけども読み放題でしたら毎月の支払いが固定なので、どれだけDLしたところで支払金額がバカ高くなるなどということはあり得ないのです。
趣味が漫画を読むことだというのを秘匿しておきたいと言う方が、このところ増加しているらしいです。室内には漫画を隠しておく場所がないというようなケースでも、BookLive「みちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色」だったら誰にも知られることなく漫画に没頭できます。
「乗車中に漫画本を広げるなんて考えられない」、そんな人でもスマホ自体に漫画をDLすれば、人目を考慮する理由がなくなります。まさしく、これがBookLive「みちくさ学会 研究報告第2集 街のめずらしい景色」の素晴らしいところです。
流行のアニメ動画は若者だけのものではないと言えます。アニメを見ない人でも思わず唸ってしまうようなコンテンツで、壮大なメッセージ性を持った作品も少なくありません。


ページの先頭へ