1. 電子書籍サイト「ブックライブ」の特集-無料お試しから販売まで
  2. 総合電子書籍ストア5|電子書籍サイトブックライブ一覧
  3. ブックライブ作品10|電子書籍サイトブックライブ一覧
  4. 大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択|電子書籍サイトブックライブ一覧

BookLive「ブックライブ」の大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択無料試し読み


リタイア後の人生は自由に楽しく生きよう!大橋巨泉氏は人気タレントとして絶頂期だった50歳代半ば、突然「セミリタイヤ」を宣言、すべてのレギュラー番組を降板し、表舞台から姿を消しました。それ以降、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、そして日本の4か国を転々とする「ひまわり生活」を実践、「第二の人生」を謳歌しながら、楽しい後半生を送っています。そんな大橋巨泉氏の「第二の人生」も、23年目に突入。「こんなに長生きするつもりはなかった」とご本人もおっしゃっていますが、2013年3月には79歳を迎えました。長寿が進み“人生80年時代”と呼ばれるようになりました。人によっては人生90年という人さえいます。20歳までを子供としても、残りが60年以上もある人生です。ごく一部の人を除いては「一生現役」でいることは不可能です。誰にでも、15年から30年もある「第二の人生」がやってきます。この本はその「第二の人生」がテーマです。人生80年時代の「後半生」に焦点を絞り、「人生哲学」「老後資金」「パートナー」「家族計画」「居住場所」「趣味」など10テーマについて「第二の人生をハッピーに送るために必要な、巨泉流人生の選択」を展開します。
続きはコチラ



大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択詳細はコチラから



大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択


>>>大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




話題の作品も無料コミックを利用することで試し読みが可能です。スマホ経由で読めるわけですから、他人に知られたくないとか見られるとマズイ漫画もこそこそとエンジョイできます。
「連載の形で定期的に発刊されている漫画を読みたいんだ」と言われる方にはニーズがないと言えるサービスです。しかし単行本になるのを待って買う人からすれば、事前に無料漫画で中身をウォッチできるのは、画期的なことだと言えます。
中身が分からないまま、表紙のイラストだけで読むべきか決断するのは極めて困難です。無料で試し読みができるBookLive「大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択」であれば、一定程度中身を吟味してから買うかどうかの判断ができます。
マンガは電子書籍で買うという人が増えつつあります。携行することも不要ですし、本を片付ける場所も気にしなくて良いというメリットがあるからです。プラスして言うと、無料コミックを利用すれば、いつでも試し読み可能です。
カバンを持ち歩く習慣のない男性にとりましては、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのは素晴らしいことです。荷物の量は変わらないのに、ポケットの中に入れて書籍を持ち運べるわけなのです。


ページの先頭へ