BookLive「ブックライブ」のストロボ・エッジ 7無料試し読み


高2になった仁菜子。蓮と安堂と同じクラスになる。遠足で鎌倉へ。仁菜子と蓮、仁菜子の友達・さゆりと蓮の友達・裕太郎は同じ班。仁菜子は今の蓮と自分の関係について「友達」だからすごく近くにいれると思うと切ない。さゆりと裕太郎は、過去に何かがあったらしい。2人になった機会に裕太郎が告げたのは…。さゆりと裕太郎の中学時代を描いた番外編も収録。 【同時収録】ストロボ・エッジ~きのうを願う人~
続きはコチラ



ストロボ・エッジ 7無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ストロボ・エッジ 7詳細はコチラから



ストロボ・エッジ 7


>>>ストロボ・エッジ 7の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ストロボ・エッジ 7の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するストロボ・エッジ 7を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はストロボ・エッジ 7を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してストロボ・エッジ 7を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ストロボ・エッジ 7の購入価格は税込で「410円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




読み放題という形は、電子書籍業界でしか成しえないそれこそ先進的とも言える挑戦になるのです。利用する方にとっても著者や出版社にとっても、メリットが多いということで、早くも大人気です。
単行本は、お店で触りだけ読んで購入するかを決定する人が多くいます。しかし、今日ではひとまずBookLive「ストロボ・エッジ 7」サイトで最初の巻だけ読んで、それを買うのか買わないのか判断するという方が増えつつあります。
スマホ上で読む電子書籍は、有難いことにフォントサイズを自分好みに変えることが可能なため、老眼の為に読書を諦めていた60代以降の方でもスラスラ読めるという利点があるわけです。
ユーザーが鰻登りで増えてきているのがネットで読めるコミックサイトです。数年前までは「漫画は単行本を買って読まなくちゃ!」という人が大部分でしたが、電子書籍形式で買って見るという人が増えています。
「電車に乗っている時に漫画を開くなんてあり得ない」と言われる方でも、スマホにそのまま漫画を保管すれば、羞恥心を感じる必要がありません。こうしたところがBookLive「ストロボ・エッジ 7」の特長です。


ページの先頭へ