BookLive「ブックライブ」のI【アイ】(3)無料試し読み


農場での惨事を経て、一人残された雅彦。「神様」の姿を追い求める彼は、自らの手で己の目を潰した。不自由な生活の中、それでも「神様」に近づいていることを感じる雅彦。妻・加代子の支えを得て、焼き物を生業とし始めてからも、雅彦の「神様」を求める心は治まることがなかった。そして長い時が過ぎ、2011年3月。東北地方を強い地震と大きな津波が襲った――。手塚治虫文化賞に二年連続ノミネートされるなど、高い評価を得た著者の渾身作、堂々の完結。
続きはコチラ



I【アイ】(3)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


I【アイ】(3)詳細はコチラから



I【アイ】(3)


>>>I【アイ】(3)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」I【アイ】(3)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するI【アイ】(3)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はI【アイ】(3)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してI【アイ】(3)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」I【アイ】(3)の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




“無料コミック”を活用すれば、買おうかどうか検討中の漫画のさわり部分を無料で試し読みするということが可能なわけです。決済する前に漫画の内容を一定程度まで把握できるので、とても有益なサービスだと言えます。
電子書籍ビジネスにはいろんな会社が参入しているので、間違いなく比較してから「どの電子書籍を利用するのか?」を決定することが大切だと思います。購入可能な書籍数やサイトの使い勝手、値段、サービスなどを検証することが欠かせません。
「目に見える場所に置きたくない」、「購読していることをバレたくない」ような漫画でも、BookLive「I【アイ】(3)」を役立てれば一緒に暮らしている人に内緒のままで見ることができます。
コミックブックと言うと、「若者を対象としたもの」というイメージがあるかもしれません。ですがここ最近のBookLive「I【アイ】(3)」には、壮年期の人が「若いころを思い出す」とおっしゃるような作品も山ほどあります。
電子書籍も普通の本と同じように情報が商品ということになるので、内容が今一つでも返品は受け付けられません。それがあるので、楽しめるかを確かめるためにも、無料漫画に目を通すようにした方が良いと思います。


ページの先頭へ