BookLive「ブックライブ」の海獣の子供(4)無料試し読み


▼第26話/海獣▼第27話/穿(うが)つ体▼第28話/濁浪▼第29話/宇宙の海▼第30話/身籠る▼第31話/坩堝(るつぼ)▼第32話/傍受▼第33話/準備▼第34話/Venus▼第35話/水魔 ●主な登場人物/安海琉花(上手く気持ちを言葉に出来ない。両親は別居中で、母と暮らす)、海(ジュゴンに育てられた少年。水族館に預けられる。乾燥に弱い)、空(海とともに発見され、兄として育つ。入退院を繰り返している) ●あらすじ/行方不明となった琉花・海・アングラードを捜索する船が、3人の乗っていたヨットを発見するも、そこにはアングラードの書いたジム宛ての手紙が一通置いてあるだけだった。琉花の行方を探るためにも、事情を知るアングラードを追い始めるデデ。一方、水族館を含め世界各地の海洋では、さまざまな異変が生じ始めて…?(第26話) ●本巻の特徴/さし迫る“本番”、導かれるように大移動を始めた海洋生物、そして、姿を消した琉花と海…。“本番”の謎と、大いなる宇宙とのつながりが徐々に明かされはじめる、急展開の第4集!! ●その他の登場人物/ジム(海と空の保護者的存在)、アングラード(かつてジムの研究仲間だった。現在は異なる立場にいるらしい)、正明(琉花の父。水族館職員)、加奈子(琉花の母。海女の家系に育つが、現在は親類と絶縁している)、デデ(ジムの伝統航海術の師。“海のなんでも屋”)
続きはコチラ



海獣の子供(4)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


海獣の子供(4)詳細はコチラから



海獣の子供(4)


>>>海獣の子供(4)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」海獣の子供(4)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する海獣の子供(4)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は海獣の子供(4)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して海獣の子供(4)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」海獣の子供(4)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




1日24時間を無駄なく過ごしたいなら、空き時間を有効に活用するようにしなければなりません。アニメ動画を視聴するのは移動中でも可能ですから、そうした時間を有効活用するべきでしょう。
電子書籍ビジネスには沢山の会社が参入しているので、何としても比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決定することが大事になります。扱っている本の数や料金、サービスの中身を確認することを推奨します。
「外でも漫画が読めたらいいな」とおっしゃる方に向いているのがBookLive「海獣の子供(4)」だろうと思われます。重たい漫画を肌身離さず持ち歩くことも必要なくなりますし、荷物自体も軽くできます。
スマホを持っている人は、BookLive「海獣の子供(4)」を手軽に読めます。ベッドに寝そべって、眠るまでのリラックスタイムに楽しむという人が少なくないそうです。
1冊ずつ書店まで買いに行くのは面倒臭いです。だからと言って、まとめ買いは外れだったときの金銭的・精神的ダメージが大きすぎます。BookLive「海獣の子供(4)」は欲しい分だけ買えるので、その辺の心配が不要です。


ページの先頭へ