BookLive「ブックライブ」の電波の城(22)無料試し読み


亡き立花哲人が封印した取材ビデオに、レムリア教団崩壊の真相が隠されている……恋人の詩織に頼まれて、ビデオの捜索を始めた谷口ハジメは、記者独特の嗅覚で、その在処をつきとめます。一方、詩織は立花の盟友であった中央テレビ局の烏丸社長と縁深い、ある女の存在に気づきます。谷口と共通の目的をもち、恋も仕事も全て順調だった詩織。しかしそんな生活にいつしか陰りが見え始めます。自分の冠番組が丸の内テレビの裏番組に視聴率が追いつかれ、苦戦を強いられます。それは、新しい舞台に舵を切ろうとするスーパージャーナリスト・本城律子からの挑戦状でした。そしてある日、退路を断たれて窮鼠となった仁科は、最後の力を振り絞って手紙を谷口に送ります。そのメッセージを谷口が受け取ったとき、この物語は終焉へと向かい始めるのです……
続きはコチラ



電波の城(22)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


電波の城(22)詳細はコチラから



電波の城(22)


>>>電波の城(22)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」電波の城(22)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する電波の城(22)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は電波の城(22)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して電波の城(22)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」電波の城(22)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




コミックブックと言うと、「10代を対象にしたもの」というふうにイメージしているかもしれないですね。ですが昨今のBookLive「電波の城(22)」には、中年層の方が「青春を思いだす」と口にするような作品も山ほどあります。
老眼になったせいで、近くにあるものが見えなくなってきたという活字中毒症の高齢者にとって、スマホで電子書籍を閲覧することができるというのは、何より嬉しいことなのです。文字サイズを調節して読みやすくできるからです。
移動中の何もしていない時などのわずかな時間を使って、無料漫画をちょっとだけ読んで自分に合う本を見つけてさえおけば、お休みの日などの時間が空いたときに手に入れて続きを閲読することもできるのです。
サービスの詳細は、各社それぞれです。そういうわけで、電子書籍をどこで買い求めるのかというのは、比較しなくてはいけないと言えるでしょう。安易に決めてしまうのは良くないです。
使わないものは処分するというスタンスが徐々に分かってもらえるようになった現在、本も実物として持つことなく、BookLive「電波の城(22)」を活用して耽読する人が増加傾向にあります。


ページの先頭へ