BookLive「ブックライブ」のぴんとこな(8)無料試し読み


父親が倒れたことで動揺する恭之助を心配し、病院に駆けつけた一弥が見たのは、恭之助とあやめの親密な姿だった。あやめの気持ちが自分から恭之助に移った寂しさを感じる一方、恋愛にかまけて歌舞伎を疎かにしている恭之助に憤る一弥。恭之助への嫉妬や羨望、失望感など混沌とした想いを断ち切るように舞台に没頭していく一弥だったが、殺人者である”与兵衛”の役を掴みきれずにいた。そんな中、舞台の山場である殺しのシーンで、一弥は重大なミスを犯し-!?不遇の秀才、一弥の才能がついに覚醒する!戦慄の舞台シーンに鳥肌必至の第8巻!
続きはコチラ



ぴんとこな(8)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ぴんとこな(8)詳細はコチラから



ぴんとこな(8)


>>>ぴんとこな(8)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ぴんとこな(8)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するぴんとこな(8)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はぴんとこな(8)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してぴんとこな(8)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ぴんとこな(8)の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「ある程度中身を知ってから購入したい」という考えを持っているユーザーにとって、無料漫画と申しますのは悪いところがないサービスだと考えていいと思います。販売者側からしても、新規利用者獲得が可能となります。
読み放題という形は、電子書籍業界からすれば正しく斬新な取り組みなのです。利用する方にとっても販売者サイドにとっても、良い面が多いと言えるでしょう。
一般的な書店では、スペース上の問題で扱える漫画の数に制限が発生しますが、BookLive「ぴんとこな(8)」であれば先のような問題が起こらないので、少し古いコミックもあり、注目されているわけです。
ショップでは、売り物の漫画の立ち読みを阻止するために、ヒモでしばる場合が多いです。BookLive「ぴんとこな(8)」を利用すれば試し読みができるので、物語のアウトラインを精査してから購入することができます。
「漫画の所持数が多すぎて置き場所が確保できないから、買いたくても買えない」ということがありえないのが、BookLive「ぴんとこな(8)」のメリットです。次々に購入しようとも、保管のことを考えずに済みます。


ページの先頭へ